家族型ロボット『LOVOT』等開発のGROOVE XとNTTドコモが資本業務提携、累計調達額は133.1億円に

ロボットベンチャーGROOVE X 株式会社(本社:東京都中央区日本橋、代表取締役:林要)は、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役:井伊基之)との資本業務提携を行い、シリーズB3での第三者割当増資、および日本政策金融公庫からの融資により総額9億円の追加調達を完了したことを発表した。

これにより昨年12月に発表した18億円の第三者割当増資と合わせ、当資金調達ラウンドの総額は27億円となり、現在までの累計調達額は133.1億円となった。

今回の株式会社NTTドコモとの資本業務提携は、新たなコミュニケーションサービスの創出、ヘルスケア・メディカルケア分野での新規事業や開発など幅広い分野・領域での協業を目的としている。

GROOVE XとNTTドコモ、資本業務提携の背景・内容

ドコモ社はこれまで、「新しいコミュニケーション文化の世界を創造する」という企業理念のもと、様々なコミュニケーションサービスを提供してきた。

一方、近年オンラインでのコミュニケーションが増加する中で「会話の話題・きっかけがない」「相手の表情などの情報量が不足している」といった新たな課題が出てきている。

今回の資本業務提携により、両社の持つ技術やノウハウを活かしながら、新たなコミュニケーションサービスの創出をともにめざしていく。

今後は、コミュニケーション分野だけでなく、ヘルスケア・メディカルケア分野での新規事業開発、『LOVOT』次世代機への5G回線搭載の検討など、幅広い分野・領域での協業を予定している。

株式会社NTTドコモ 常務執行役員・スマートライフビジネス本部長 森健一氏 コメント

このたび、GROOVE X社との資本・業務提携の合意に至り、大変うれしく思います。GROOVE X社は、ユーザーが『LOVOT』に対して愛着を深めるための、ノンバーバルなコミュニケーションに関する様々な技術やノウハウを持っています。

このような技術やノウハウを活用しながら、ともに新たなコミュニケーションサービスを創出していきたいと思っています。また『LOVOT』は、家庭内や街中の様々な施設内における、ユーザーとの新たな接点として大きな潜在力を有していますので、ヘルスケア・メディカルケア分野を含め幅広い分野・領域での協業もめざしてまいります。

GROOVE X 代表取締役 林要氏のコメント

弊社では、テクノロジーの平和利用の一つとして、日本発の新産業である『LOVOT』を世界にも発信していきたいと考えています。

クリエイティブ、ソフトウエア、ハードウエアの各領域の融合により生まれた『LOVOT』は、高度なノンバーバルによるコミュニケーションを行う事ができる家族型ロボットです。弊社の培ったノンバーバルコミュニケーションに関するノウハウは、今後のリモートコミュニケーションやバーチャル環境に活かせる可能性を秘めております。

また『LOVOT』の将来の進化の過程では5G等の次世代通信規格を活かした能力向上、小型軽量化なども検討してまいります。その中で、ドコモ社との業務資本提携の合意に至り、大変光栄です。

次世代コミュニケーション、次世代通信など、様々な領域でシナジーを生むことのできる大変有力なパートナーであるドコモ社と共に、より一層の飛躍をめざしたいと思います。

「+メッセージ」で配信開始!『LOVOT』オリジナルスタンプ「LOVOTのきもち」概要

今回の資本業務提携を記念して、NTTドコモが提供するサービス「+メッセージ」にて『LOVOT』のオリジナルスタンプの提供を開始する。

提供開始日は2021年2月上旬予定。

『LOVOT』の10億通り以上の豊かな瞳のデザインをベースに「目」で伝えるコミュニケーションスタンプで日常使いにぴったりの16種類。

 『+メッセージ』とは

GSMAで世界的に標準化されているRCS(Rich Communication Services)に準拠したメッセージサービス。

メッセージを送受信する相手先の携帯電話会社を意識することなく快適に利用できるよう、携帯電話番号だけでメッセージのやりとりができるコミュニケーションを豊かにするサービスとして、携帯3社が2018年5月に提供を開始し、2019年5月から企業向け公式アカウントサービスを提供している。

​※「+メッセージ」は株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンク株式会社の登録商標。

「+メッセージ」 スタンプ一例

 


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。