NPO法人SOMAの「エデュケーションハブ i.Dare」2年連続で経産省「未来の教室」実証事業に採択

NPO法人SOMA(代表:瀬戸昌宣、以下 SOMA)が展開している「エデュケーションハブ i.Dare(以下 i.Dare)」は、2019年度・2020年度と2年連続で、「未来の教室」実証事業(以下 同事業)に採択されたことを発表した。

i.Dareは、既存の学校環境になじむことが困難な児童・生徒に向けて、学校外での学びの環境をととのえる取り組み。

オンラインとオフライン、両方のプログラムを通して全国のこども達と一緒に学ぶ。

「i.Dare」(イデア)ロゴ 「未来の教室」ロゴ

SOMAは、2019年度から同事業に参画し、高知県土佐町をフィールドとして、土佐町教育長・教育委員会事務局との間で公教育との将来的な連携の道を模索しながら、学校外での教育プログラムとして、アート・描画・AI型ドリルを用いた算数・対話・英語・中国語・日本語・体育・昼食の調理など、STEAM教育やEdtechの要素を盛り込んだ多様な学びを提供することで、SOMAが大切にしている

  • 発達段階に合わせた学びの機会
  • 自由意志による自己選択の保証
  • 創造性を支える自尊感情の醸成

の実現に向けて、i.Dareの継続的な実施に取り組んできた。

その結果として、2019年度は、最終報告書記載の通り、

  • i.Dareプログラムの前後で参加児童の基本的⾃尊感情・社会的⾃尊感情につき上昇傾向が認められた
  • 参加者の中には⻑期間学校に⾏っていなかったものもいるが(最⻑2年半)、期間中は病⽋・都合⽋以外での⽋席はほとんどなかった

などの具体的な成果が得られた。

2020年度の事業に関しては、参加対象を全国に拡大し、コロナ禍の環境に合わせて、3週間のオンラインミートアップと、1週間のオフラインキャラバンのハイブリッド型で運営し、児童・生徒は起こしたい行動(アクション)を自ら決め、目標・計画を定め行動を重ね、定期的なアウトプット・共有を通じ、各人の学びの履歴(ポートフォリオ)として残していきた。

また、オンライン保護者会やゲストを迎えた座談会では保護者の相談窓口や外部講師との交流などを設計してきた。

2020年度は11月4日に開催されたEdvation Summit 2020 Onlineの中間報告会では、東北から沖縄まで日本全国から約20名がプログラムに参加し、学年も小学校2年生から中学校3年生まで混在していることが報告された。

ホームスクーリング、ハイブリッドスクーリング、アンスクーリングなど参加者の学びの在り方も多様な中、一人ひとりが状況に合わせた形でi.Dareへ参加した。

i.Dareでは今後も、年齢縦断型の環境で、子どもたち自身に「あなたは、何をしたい?」という問いを投げかけながら、共有体験を通し自尊感情を育み、発達段階に合わせた学びの機会を自己決定により選択し、自己到達度を更新しながら自らの発達を促すことができる個人が育まれる環境の構築を目指し、教育プロジェクトの企画・実施を進めていく。

2019年度「幼小中統合型 個別最適・自立学習環境 i.Dare(イデア)」実証事業概要

朝のチェックイン(2019年度)

事業カテゴリー種別

個別最適化

実証地域

高知県土佐町

実証期間

2019年9月〜2020年2月

対象者

幼児教育、小学校、中学校

2020年度「オンラインエデュケーションハブ i.Dare(イデア)」実証事業概要

オンラインプログラム(2020年度)

事業カテゴリー種別

個別最適化

実証地域

全国(オンラインベース)

実施期間

2020年9月〜2021年2月

対象者

小学校、中学校

 i.Dare(イデア)とは

SOMAが経済産業省による「未来の教室」実証事業として活動を行なってきたプロジェクト。

  1. 発達段階に合わせた学びの機会
  2. 自由意志による自己選択の保障
  3. 創造性を支える自尊感情の醸成

の3つを大事にしながら、児童・生徒の発達段階や家庭・地域の学習環境をふまえ、個々の自尊感情の醸成を重視し、自己理解に基づき、自己実現を成し遂げる環境を自らととのえていける個の発達・発育を目指す。