文化庁、オンラインで恐竜の骨格を360度閲覧できるVRコンテンツ特設サイトを無料公開

国立科学博物館(館長:林 良博)と凸版印刷株式会社(代表取締役社長:麿 秀晴)は、オンライン上で恐竜の骨格を360度閲覧できるVRコンテンツ特設サイト「ディノ・ネット デジタル恐竜展示室」を2021年1月19日(火)から無料で公開することを発表した。

また、ディノ・ネットのVRコンテンツを活用し、日本を代表する恐竜博士たちが行う特別なオンライン講座を、2月6日(土)、13日(土)、20日(土)、27日(土)の全4回、有料で配信する。

VRコンテンツ特設サイト「ディノ・ネット デジタル恐竜展示室」概要

新しい生活様式を踏まえて、オンラインを通じて自宅に居ながら博物館にいるかのように学ぶことができるプログラムが「ディノ・ネット デジタル恐竜展示室」である。

4館が所蔵する化石(恐竜7種(9体)、魚竜、ワニ、哺乳類)標本のデジタルデータを、自宅に居ながら恐竜化石標本の3Dデータを無料で自由に閲覧、観察できる。

さらに、恐竜研究者がこれらの3Dデータを利用して、講義を行う一夜限りの特別なオンライン講座を有料で開催する。

背景

国立科学博物館と凸版印刷は、2013年より同館が所蔵するティラノサウルスやトリケラトプスなど恐竜の骨格標本の立体形状計測データをもとにVRコンテンツ化した『V×Rダイナソー®』を開発、活用する共同事業を実施している。

この企画では、これに加えて新たに「アロサウルス」と「パキケファロサウルス」の2体の恐竜のデジタルデータをVRコンテンツとして開発した。

また、北海道大学総合博物館、群馬県立自然史博物館、むかわ町穂別博物館の各館が所蔵する代表的な恐竜化石の3Dデータも計測し、VRコンテンツとして開発。

今後両社は、オンラインを通じた全国の自然系博物館とのデジタルデータの相互提供をはじめとし、所蔵館の研究者が相互に参加するオンライン講座の開設など、地域博物館とのネットワークを構築し、博物館を核とした地域活性化の施策を展開していく。

特長

① 恐竜の全身骨格のデジタルアーカイブデータを活用したVRコンテンツの公開

アロサウルスの計測風景

国立科学博物館と凸版印刷が共同で立体形状計測データをもとにVRコンテンツ化した『V×Rダイナソー®』の「トリケラトプス」と「ティラノサウルス」に加え、新たに「アロサウルス」と「パキケファロサウルス」2体の恐竜の全身骨格を立体形状計測し、そのデータを用いて制作したVRコンテンツを公開する。

② 恐竜全身骨格のVRコンテンツを活用したオンライン講座を開催

展示室から研究者が講義を実施 ©与古田松市

研究者の説明に応じて、参加者自身が細部まで再現された恐竜骨格のデジタルデータを操作し、自由な位置からその細部まで観察することができる。

実際に博物館の展示室で恐竜化石標本を見ながら、講義を聴講しているかのような体験がオンラインで可能。

サプライズとして、海外の研究者のゲスト参加やダウンロードして楽しめるコンテンツの提供なども予定している。

③ 地域の自然史系博物館と連携

今回のオンライン講座では、国立科学博物館のほか、群馬県立自然史博物館(所在地:群馬県富岡市)、北海道大学総合博物館(所在地:北海道札幌市北区)、むかわ町穂別博物館(所在地:北海道勇払郡)も参加。

各博物館収蔵品のデジタルデータを用いた恐竜コンテンツも公開し、講座で活用する。

主催

国立科学博物館、凸版印刷株式会社

オンライン講座(有料)について

開講日

  • 第1回: 2021年2月6日(土) むかわ町穂別博物館・北海道博物館
  • 第2回:2021年2月13日(土) 群馬県立自然史博物館
  • 第3回:2021年2月20日(土) 北海道大学総合博物館
  • 第4回:2021年2月27日(土) 国立科学博物館

※都合により開催が中止になる場合あり。

オンライン講座 登壇講師プロフィール

真鍋 真(まなべ まこと)/国立科学博物館 標本資料センター・コレクションディレクター(センター長)

横浜国立大学教育学部卒業、米イェール大学大学院地質学・地球物理学部修士課程修了、英ブリストル大学理学部地質学科PhD課程修了。

1994 年から国立科学博物館に勤務。2020年から群馬県立自然史博物館・特別館長も兼務。恐竜など中生代の爬虫類、鳥類化石から、生物の進化を少しでも理解しようと、化石と心の中で対話する日々を送っている。

對比地 孝亘(ついひじ たかのぶ)/国立科学博物館地学研究部研究主幹

東京大学理学部生物学科および地学科卒業後、米イェール大学にて博士号取得。

米フィールド博物館、オハイオ大学、国立科学博物館での期限付き研究員を務めた後、東京大学大学院理学系研究科講師および准教授を経て、現在国立科学博物館地学研究部研究主幹。専門は恐竜類を中心とした爬虫類の進化形態学で、野外調査を行うことにより得られる化石の情報と、現生種の解剖学的知見の両方を生かした研究を行なっている。

文化庁「文化芸術収益力強化事業」について

文化庁の令和2年度戦略的芸術文化創造事業。

新型コロナウイルス感染症の拡大による収益機会の減少などにより、多くの舞台芸術団体・博物館等の文化芸術団体の経営環境が厳しさを増す中、コンテンツ制作・配信、プロモーションなどのデジタル技術、サービスを活用し、デジタルならではの価値体験を創造することで文化芸術団体の新たな収益確保・強化を支援する事業である。