日本医学柔整鍼灸専門学校、オリエンスの過去問・問題集のスマホアプリ化と学習記録分析に特化した学習支援サービス『progrela』を2021年4月より導入

教育現場のDX支援ツールを提供する株式会社オリエンス(東京都新宿区、代表取締役社長:木原 大知)は、学校法人敬心学園日本医学柔整鍼灸専門学校(東京都新宿区、校長:奥田久幸)に対して、専門学校(正式には専修学校専門課程、以下、専門学校)向け学習支援サービス『progrela』を2021年4月より提供開始することを発表した。

『progrela』は、専門学校に特化した初の学習支援サービス。

国家試験過去問題等を短期でスマホアプリ化し、併せてオリジナルLearning Analytics(学習記録分析、以下、LA)を提供することにより、専門学校の学習成果最大化と学習指導管理の業務効率化を強力にサポートする。

近年、専門学校の教育現場ではDX(デジタル・トランスフォーメーション、以下、DX)と個別最適化された学びの推進が検討されてきた。

LMS(ラーニングマネージメントシステム、以下、LMS)とLAは従来からあったものの、蓄積された教育ノウハウやカリキュラムとの乖離を理由として積極的な導入はされていなかった。

しかし、2020年春から新型コロナウイルス感染症の影響により、従来の対面型の一斉授業から非対面型に移行が進み、それに伴う学習指導管理の変革と対応を急速に求められるようになった。

日々の学校運営に最適なLMSとLAを求めていた日本医学柔整鍼灸専門学校は、従来活用していたオリジナル問題や国家試験の過去問題をスマホアプリ化することにより学生の利便性が向上する点、さらにアプリから自動集計された学習記録を簡単に教職員が分析・活用できる点が決め手となり、今回の導入に至ったという。

『progrela』による学習効率の最適化と、教員の雑務を減らしてより重要度の高い学生サポートに注力できる環境づくりを実現し、中長期的な学習効果の最大化に貢献していく。

日本医学柔整鍼灸専門学校について

『progrela』提供先の日本医学柔整鍼灸専門学校は、文部科学省の「新型コロナウイルス感染症対応に係る専修学校の遠隔授業の取組事例集」に多くの専門学校の中から選抜して取りあげられるなど、すでにICT教育に積極的な専門学校として名を馳せている。

今回の『progrela』導入を通じた取り組みによって、ICTに先進的な全国に先駆けた専門学校として業界を牽引していくことが予想される。

今回の『progrela』導入にあたり、学校長の奥田久幸氏のコメント

本校は、リカレント教育に対するニーズの高まりから社会人学生が多く、学習時間の確保に不安を抱える者が少なくありません。そのような学生が隙間時間にアプリを利用して問題演習を行うことにより、少しでも不安を解消したいと考えております。

また、学習状況が可視化されるため、教員がさまざまな学生に対してピンポイントかつ効率的な学習指導を行うことができ、全体的な学力向上と学生満足に繋がることと期待しております。

私達は『progrela』導入を皮切りにICT化を推し進め、時代のニーズに適応した学習環境を提供したいと考えております。

『progrela』について

『progrela』は、国家試験合格を目指す専門学校に特化した学習支援サービス。

従来の授業で使っていた国家試験過去問題と予想問題集を短期でそのままスマホアプリ化し、教員用オリジナル LAを提供することで、生徒の学習成果最大化と教員の業務効率化を強力にサポートする。

学校ごとの個別要件に合わせたカスタマイズも可能で、独自の教育ノウハウに合わせた最適なツール提供が可能。

また発注後、最短3ヶ月でスマホアプリとLAをリリースできるスピードの速さも大きな特徴の一つ。

メリット

スマホアプリ化による生徒のメリット=国家試験合格率アップ

  • 授業動画アーカイブ:過去の授業動画を何度でも視聴することができるので、復習がしやすくなる。
  • 繰り返し学習:スマホアプリ化により、いつでもどこでも何度も繰り返し学習でき、理解度が高まる。
  • 学習レポート:学習状況の可視化によりモチベーションが維持しやすくなり、学習習慣が形成される。

LA導入による学校のメリット=落ちこぼれ防止

  • 自習進捗の可視化:従来できなかった自習進捗状況の把握がリアルタイムで可能になる。
  • 生徒評価:コース内のどの生徒が合格ラインか、離脱濃厚ラインかの評価が容易になる。
  • 原因特定分析:どこでつまずいているのか単元/問題レベルですぐ特定でき、フォローが容易になる。