SPACE・凸版印刷・一般社団法人リリースの3者、オンライン授業とフィールドワークを組み合わせた教育プログラムを開始

株式会社SPACE(本社:東京世田谷区、代表取締役社長:福本理恵、以下SPACE)は、環境省が保全している富士箱根伊豆国立公園内の三宅島と小笠原国立公園内の母島を舞台に、子供のアクティブラーニングと地域活性化を支援する画期的な教育プログラム「宝島キッズラーニングプロジェクト」のラーニングプログラムを、凸版印刷株式会社、一般社団法人リリースと共同で開発した。

今回「宝島キッズラーニングプロジェクト」が、環境省の「国立・国定公園への誘客の推進事業」に採択されたことを発表した。

「宝島キッズラーニングプロジェクト」概要

本プログラムは、環境省が保全している富士箱根伊豆国立公園内の三宅島と小笠原国立公園内の母島を舞台に、それぞれの島に眠る自然資源にスポットライトを当てた、小学5年生から中学3年生までを対象にした子供向けの学びのプロジェクト。

背景

昨今、日本では観光産業が主要な産業になりつつある中で、新型コロナウイルス感染症の拡大により、国内外の旅行者が急激に減少し、各地の観光地では集客が難しくなっている。

国内有数の観光地である国立・国定公園では、宿泊業をはじめとする観光事業者等へ甚大な影響が出ている状況で、地域の雇用の維持が喫緊の課題となっている。

この課題を解決すべく、本プログラムを通して、全国の地方創生の支援を目指す。

今後の展望

本プログラムのような「子どもの学び」にとっても魅力的なコンテンツを整備することで、家族単位で充実したワーケーション施策の実現を目指し、従来とは異なる新たな層の観光客を誘致することで、更なる地域の活性化を支援していく。

将来的に、自然資源を次世代へ継承し、適切な活用を自ら考え行動することを参加者たちへ促すとともに、人材育成へと繋げていく。

なお、本プロジェクトは環境省が実施する「国立・国定公園への誘客の推進事業(※)」に採択されている。

「未来の地球人、集まれ!エネルギーの宝庫『三宅島』を解剖せよ」概要

実施期間

  • 2020年11月15日(オンライン授業)実施済み
  • 2020年11月28日から29日(フィールドワーク)実施済み

対象地域

三宅島

内容

  1. 子どもの探究心を高めるオンラインでの事前学習
    • 火山島でもある三宅島には、都会では見ることのできない石がいたるところに転がっている。その石の正体を探るため、自宅で石を再現する実験を行うことで三宅島の秘密にせまる。
  2. 三宅島の持つさまざまな大地の色をめぐるフィールドワーク
    • 火山の噴火によって生まれた不思議な「地形」と、緑・青・赤・黒など色とりどりの大地の色で彩られながら、さまざまな表情をもつ三宅島を、現地のネイチャーガイドとめぐりながら、事前学習で取り扱った石の秘密を探るフィールドワークを実施。

共同開発

凸版印刷株式会社、一般社団法人リリース

連携企業・団体

株式会社アールピーアイ、一般社団法人三宅島観光協会

協力先

学校法人堀井学園横浜創英中学校

「未来の地球人、集まれ!おいしいハーモニーを奏でる「母島」を解剖せよ」概要

実施期間

  • 2021年2月7日(オンライン授業)
  • 2021年2月13日から14日(フィールドワーク ※一般社団法人 Islandscareが実施)

対象地域

母島(オンライン授業)

内容

子どもの探究心を深めるオンライン探究プログラム

海に囲まれた母島には、海を渡ってきた文化と海で生きてきた生物とのコラボレーションが生み出す「シークレットリキッド」がある。

母島の名物でもあるその液体は時間をかけて今の形にたどり着いた偶然の産物。

その液体の正体を突き止めながら、背景にある母島の歴史とロマンをたどっていく。

共同開発

凸版印刷株式会社、一般社団法人リリース

連携企業・団体

一般社団法人 Islandscare

協力先

学校法人堀井学園横浜創英中学校、父島の小学校・中学校

募集について

母島のプログラムはHPより1月12日から19日までが応募期間となる。

※プログラムはモデル事業としての実施のため、オンライン授業・フィールドワークのプログラム参加費は無料。交通費・宿泊費は実費となる。

※母島は、オンライン授業を1回実施。フィールドワークは、一般社団法人 Islandscareにより、父島の子どもたちを対象に実施予定。