エプソン、電子黒板機能搭載プロジェクターとChromebook™の接続時の機能を強化

エプソンは、教育現場で活躍するインタラクティブ(電子黒板)機能搭載プロジェクターとChromebook™を接続した際の機能を強化し、2021年1月より順次提供を開始することを発表した。

GIGAスクール構想に伴うICT環境整備が進む中、児童・生徒1人1台のPC環境の整備に向けて、教育現場ではChromebook™の注目度が高まっている。

今回、エプソンでは多くの教育現場に導入されているエプソンのインタラクティブ(電子黒板)機能搭載プロジェクターをChromebook™と接続した際、電子ペンを使った書き込みや投写面からのPC操作、あるいは投写面上でタブレット端末のような指操作が利用できるよう機能を強化。

また、ソフトウェア「Epson iProjection(for Android™)」のバージョンアップにより、要望の多かったモデレーター機能が新たに使用可能となったことで、協働学習のシーンにおいても活用の幅が広がった。

今後、エプソンでは大型提示装置(プロジェクター)を用いた、快適な授業環境下での学びの質向上の実現に向けて、プロジェクターのさらなる機能強化を図り、ICT機器の環境整備ならびに利活用の促進に貢献していく。

主な機能強化内容

機能強化① 電子ペンや指による操作

  • サポート開始時期:2021年1月12日
  • 対応Chrome OS™:2021年1月12日現在の最新バージョン※1
  • 対応機種:EB-1485FT/735Fi/725Wi/710UT/696UT/695WT/685WT

インタラクティブ(電子黒板)機能搭載プロジェクターとChromebook™を有線接続(HDMI®+USB)した際、電子ペンや指による操作が可能になる。

機能強化② ソフトウェア「Epson iProjection(for Android™)」への対応

  • 提供時期:2021年3月末にGoogle Playストアにて公開予定
  • 対応Chrome OS™:2021年1月12日現在の最新バージョン※1
  • 対応機種:「Epson iProjection(for Android™)」に対応したプロジェクター

ソフトウェア「Epson iProjection(for Android™)」のバージョンアップにより、Chromebook™にも対応し、要望の多かった「モデレーター機能※2」が使用可能となった。

※電子ペンや指による操作/音声出力/拡張ディスプレイ/プロジェクター自動検索には対応しない。「Epson iProjection(for Android™)」の詳細はこちらを参照。

※1:動作確認済OSにおいても、端末によって予期せぬ動作を起こす場合がある。また、今後OSのバージョンアップにより、プロジェクターのファームアップが必要になる場合や正常動作をお約束できない場合がある。

※2:先生用端末の画面上で任意の端末を選択し、最大4分割して投写することができる機能。