TAGRE、ゲーミフィケーションを採用したオンライン学習支援サービス「QuestNote」を提供開始

株式会社TAGRE(本社:東京都台東区、代表取締役社長:中野 郁弥)は、2021年1月8日より、オンライン学習支援サービス「QuestNote」の提供を開始したことを発表した。

「QuestNote(クエストノート)」では、モチベーションを上げて取り組めるようにゲーミフィケーションを採用している。

目標設定してチャレンジし、達成感を与え、楽しめるオンライン授業や課題の運営をサポートする。

「QuestNote」サービス概要

提供の背景

現在、新型コロナウイルスの流行により教育業界では非対面での学習の仕組みが強く求められている。

各教育機関では対面授業の代替手段として動画配信プラットフォームなどを用いた映像授業が主流となっているが、映像授業には双方向のコミュニケーションが取りづらく学習モチベーションを高く保ちづらいという課題が存在している。

今回、TAGREではこの課題を解決するべく、ゲームのような感覚で楽しみながら家庭学習が行え、生徒の学習進捗を管理し遠隔授業を支援するサービスの提供を開始する。

特長

従来の遠隔授業の主流は動画配信プラットフォームを利用した映像授業だったが、先生からの一方的な情報発信になってしまいがちで生徒の苦手が分かりづらいまま進んでしまうという問題があった。

「QuestNote」では、先生が設定した課題をクリアすることで生徒はバッジや装備などのアイテムを手に入れ、簡単なゲームをすることができる。

また、課題をクリアした数によってランキングに反映され、生徒の頑張りが可視化される。

生徒が先生に質問できるチャット機能や保護者用アカウントなども含まれ、遠隔授業の中で学習水準を落とさないための機能が多く備えられている。

利用方法

オンライン授業やコンテンツを配信したい教室は、動画やクイズなどで課題を設定し「クエスト」として登録。

生徒は動画を見ながら「クエスト」で指示された内容をクリアし、課題を提出することでキャラクターを育成することができる。

プラットフォームの中で、チャット、写真の投稿・いいね評価、ランキングなどの機能を使ってコミュニティを作ることができる。

ランキング

また、講師側は、提出された課題の承認、課題への取り組み率の可視化により、評価やフォローすべき生徒を一目で見つけることができる。

課題の提出を確認

価格

  • Mini: ¥490/人
  • Standard: ¥780/人
  • Premium: ¥1,560/人

※長期利用や多人数での利用で割引あり。プランごとの詳細については「QuestNote」のWebページを参照。