摂南大学生が制作したフィッシング被害防止動画に大阪府警察が感謝状を贈呈

12月22日、摂南大学(大阪府寝屋川市)寝屋川キャンパスで大阪府警察本部サイバー犯罪対策課主催の「学生達が考えるネットリテラシー向上啓発作品 オンライン表彰授与及び感謝状贈呈式」が開催され、同大経営情報学科の学生ら4人が制作したフィッシングサイトへの注意を啓発する「偽通販サイト被害防止」動画の放映と感謝状の贈呈が行われた。

近年、インターネット利用者をターゲットにした犯罪が横行し、ターゲットとなる対象の若年化も問題となっている。

約8分の本動画ではクレジットカードを初めて使い始める大学生がフィッシングサイトなどの詐欺被害に遭っていることを背景に、偽ショッピングサイトなどフィッシング詐欺の種類、事例や「届いたメールのリンクは使用しない」などの防止対策を紹介している。

このプロジェクトのリーダーを務めた石田楓さん(3年)は自身もフィッシングメールに悩まされた経験があり、「この動画で少しでも被害に遭う方が少なくなれば嬉しい」と動画制作に込めた思いを話した。

感謝状を贈呈した同課課長の辰谷裕司氏は「ネットリテラシーの啓発活動を拡大し、安心安全なネット社会を実現したい」と述べた。

動画は、大阪府警察のホームページに公開されている。