湘南ゼミナール、教育のデジタル化・オンライン化推進のため学習プラットフォーム「Monoxer」を導入

モノグサ株式会社(東京都千代田区 代表取締役:竹内孝太朗 畔柳圭佑)の提供する学習プラットフォーム「Monoxer」が、株式会社湘南ゼミナール(神奈川県横浜市 代表取締役社長:福村賢一)が運営する学習塾、「湘南ゼミナール」で導入されることを発表した。

湘南ゼミナールにおけるMonoxerの導入概要

背景

湘南ゼミナールは、神奈川県を中心に全国で273教室(2020年12月末時点)を展開する大手学習塾である。

同社では、「QE授業」をはじめとするオリジナル指導法を開発するなど、「生徒一人ひとりの成績を必ず上げる」、そのために「日本一の指導技術を身につける」という志のもと、塾運営・生徒指導を行ってきた。

また、同社に通う生徒は公立を中心に国立・私立志望まで幅が広いという特徴から、英語、数学、国語はもちろん、理科、社会といった科目の学習も広く、深くサポートする必要があり、オリジナル教材の作成、展開を進めていた。

一方で、紙の教材では学習プロセスが見えなかったため、どれくらいの努力がどのような結果に結びついているかが分からず、効率的な生徒の学習サポートや教材の改善がしにくいといった課題感を持っていた。

その中で、Monoxerの「自社のオリジナル教材を簡単にデジタル化できる」、「オンラインでも効果的・効率的な学習ができる」、「学習プロセスが可視化され、生徒指導や教材の改善に活かせる」といった点に価値を感じ、導入する運びとなった。

湘南ゼミナールにおけるMonoxerの活用について

まず中学生部門で、英単語や英熟語、理科・社会の一問一答、難関校の対策問題集をMonoxerに搭載し、オンラインで知識定着のための問題演習と学習状況の可視化ができる環境を構築。

生徒や各科目責任者からも実際の学習効果を体感してもらい、今後は教材の幅を広げるとともに、他科目や他学年への展開を検討しているという。

本件に関する両社代表のコメント

株式会社湘南ゼミナール 代表取締役社長 福村賢一氏

湘南ゼミナールでは全講師が「その瞬間を見逃さない。伸ばしていく。」を信念に指導にあたらせていただいています。
生徒さんの現状を的確に察知し、適切なフォローをすることが学習塾の役割です。これを体現するにあたり、生徒さんはいま何ができて、何につまずいているのかを知ることがとても大切です。

湘南ゼミナールでは集団指導でも個別指導でも、授業中の様子や宿題のでき具合など日常のコミュニケーションを重ねてこれらの情報を蓄積しています。しかし、どうしても暗記領域は結果にフォーカスされ、そのプロセスの可視化に難しさを感じていました。それを可能にしたのがモノグサだと思います。生徒さん一人ひとりにとって「いま」必要な部分が抽出され、その進捗を講師と共有できる仕組みは学びの新機軸を打ち出したものだと感じています。

湘南ゼミナールでは、AIやICTの導入を進めることで、生徒さんの努力を効率的に成果につなげていきたいと考えています。

モノグサ株式会社 代表取締役社長 竹内孝太朗氏

湘南ゼミナールの皆様と共に、生徒様の成績向上に貢献できることに、感謝申し上げます。

ご案内当初から能動的・前向きに生徒様へのサポートにあたる先生方のお姿を目の当たりにし、その先生方のご指導環境アップデートのお手伝いができることに強い喜びを感じております。

Monoxerでは、先生方が生徒様の学習履歴や定着度をリアルタイムで確認できる機能性を活用し、これまで結果が出るまでサポートが難しかった「記憶定着プロセス」を可視化・最適化することが可能であると考えています。湘南ゼミナール様の素晴らしいご指導環境構築の一助となれますよう、今後もプロダクトの改善とサポート体制の拡充に努めてまいります。