「HTML5プロフェッショナル認定試験」オンライン受験可能に

オープンテクノロジー技術者認定機関としてLinux技術者認定試験「LinuC(リナック)」などを実施する特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(以下:LPI-Japan、東京都港区、理事長 鈴木 敦夫)は、HTML5プロフェッショナル認定試験のオンライン試験を1月5日より開始することを発表した。

 

このオンライン試験はピアソンVUEより配信。

日本語または英語で会話ができる試験監督員(プロクター)による遠隔監視で実施される。

テストセンターでの受験に加え、自宅や職場の会議室等からも安心して受験することを可能とすることで、受験者の利便性を向上する。

また、2月には「LinuCレベル3」もオンライン試験を開始する予定。

オンライン試験が実現する利便性

LPI-Japanが提供するオンライン試験の実施は、従来、地域によってはテストセンター会場が遠い、予約が取りにくいなどにより不便な状況にあった人や、コロナ禍で外出を控えている人、今後ますます広がる様々な働き方をする人に、試験の受験形態についての新たな選択肢と大きな利便性を提供する。

すべて日本語で安心なオンライン試験の受験

オンライン試験による受験は、受験予約時に [自宅または職場]オプション を選ぶだけで手続きを進めることができる。

オンライン試験の受験には静かで一人になれる環境、要件を満たすPC、Webカメラ、安定したインターネット環境、個人の証明書などが必要となるので、案内されるドキュメントに沿って試験の予約前にシステムテストを行う等よく確認しておく必要がある。

試験当日は予約していた時間の30分前からチェックイン可能。

日本語による遠隔監視により受験の受付を行い、試験監督員(プロクター)により試験の信頼性を担保しながら受験できる。

全て日本語に対応しているので、安心して受験できる。

2021年1月5日にオンラインでの受験が可能となる試験

HTML5プロフェッショナル認定試験

  • HTML5L1-200HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 バージョン2.0
  • HTML5L2-200HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 バージョン2.0

試験予約サイト

LPI-Japanのオンライン試験はピアソンVUEにより日本を含む全世界(一部地域を除く)で配信される。

従来のテストセンターに加え、全世界(一部地域を除く)で自宅や職場の会議室等からネットワークに接続されたPCで受験ができる。

受験予約は下記を参照。

ピアソンVUEについて

ピアソンVUE はCBT (コンピュータベーストテスト) 業界のパイオニアであり、教育・入学試験から IT および医療・介護・ヘルスケアまで、あらゆる業界で毎年1,500万以上の認定資格試験および免許試験を配信している。

世界180 カ国にある約 20,000 の高セキュリティなテストセンターネットワークを介して、ハイステークス試験の開発および配信をおこなっている。

※記載されている試験名の固有名詞およびロゴは、LPI-Japanが利用許諾を受けた商標または登録商標。

ナショナル・コンピュータ・システムズ・ジャパン株式会社 (ピアソンVUE) 代表取締役 池田 哲氏コメント

PI-JapanのHTML5プロフェッショナル認定試験は、日本語の試験監督員によるオンライン監督試験として、LinuC、OSS-DB技術者認定試験に次いで三番目の日本の試験プログラムとなります。

コロナ禍の厳しい状況でも、受験者の認定追求の継続を可能にするピアソンVUEのオンライン監督ソリューションを提供できることを嬉しく思います。