XYEED、幼児向けタンジブルプログラミング学習ロボット「キューボ」を販売開始

株式会社XYEED(本社:東京都千代田区、代表取締役:田中大介/社名呼称はクロスイード)は2020年12月24日、STEAM教育コンセプトに基づき設計されたプログラミング学習ロボット「Qobo(キューボ)」の取り扱いを開始することを発表した。

Qobo(キューボ)基本セットの概要

「Qobo(キューボ)基本セット」は、かわいらしいキューボと一緒に世界中を旅しながら論理的思考を養う、幼児から小学生低学年向けのSTEAM教材。

記号やイラストの記されたプログラミングカードを使ってキューボを目的地まで導くなかで、子どもがワクワクしながら、自分自身で解決方法を探ることができるよう設計されている。

画面ではなく、直接手で触れる「タンジブル」と呼ばれるプログラミング方法は小さな子どもでも親しみやすく、創造力と問題解決能力、科学的思考力を発達させるための学習の入り口として、STEAMの世界に初めて触れるのに最適。

スクラッチJrベースのソフトウェアにも対応している。

基本セットには、キューボの基本的な操作方法や学習方法に加え、拡張パックの算数カードを用いた学習方法をとりまとめたオリジナル「Qobo STEAM学習ブック」を同梱しており、購入したその日からスムーズに利用できる。

発売

2020年12月24日

定価

13,200円(税込)

同梱される「Qobo(キューボ) STEAM学習ブック」について

発行

2020年12月24日(第1刷)

定価

2,200円(税込) ※現在、学習ブックのみの販売は行っていない。

送料

Qobo(キューボ)基本セットに含む

対象ユーザー(一例)

  • 一般個人:子ども(3歳~小学校低学年)向けのプログラミング学習教材を探している人
  • 教育関係者:
    • 保育園/幼稚園/小学校でPCやタブレットを使わないプログラミング教育教材を探している人
    • 保育園/幼稚園/小学校でパソコンを使っての初歩的なプログラミング教育教材を探している人
    • 塾やアフタースクールで未就学/小学校低学年向けに新たな講座/コースの開発を検討中の人

特徴

  • そのまま学習活動に使える課題を基本セット用(Lesson1~Lesson5)と算数カード用(Lesson1~Lesson4)にそれぞれ掲載。
  • 可愛らしいロボットと世界中を旅するストーリー仕立ての編集構成。
  • 低年齢3歳からのロボットプログラミング入門書として利用可能。

購入方法

キューボ基本セットを購入する場合

  • 購入場所XYEEDショッピングサイトより
  • 支払方法:クレジットカード払い
  • 販売価格:13,200円(税込)+商品送料
  • 商品送料:送料は以下の通り。
    • 関東(離島を除く)・甲信越・東海・北陸・南東北 1,040円
    • 北東北・関西 1,140円
    • 中国・四国 1,240円
    • 北海道・九州 1,440円
    • 沖縄・離島 1,740円 ※2020年12月23日現在

キューボ基本セットと、拡張パック(算数カード)を一緒に購入する場合

  • 購入場所XYEEDショッピングサイトより
  • 支払方法:クレジットカード払い
  • 販売価格:16,500 円(税込)+商品送料
  • 商品送料:送料は以下の通り。
    • 関東(離島を除く)・甲信越・東海・北陸・南東北 1,040円
    • 北東北・関西 1,140円
    • 中国・四国 1,240円
    • 北海道・九州 1,440円
    • 沖縄・離島 1,740円 ※2020年12月23日現在