立命館大学、オンラインホワイトボード「Miro」を使ったインタラクティブオンラインキャンパスを公開

ウェブサービス開発からイベント企画、フィジカルプロダクト開発など、様々なプロジェクトを技術面からリードするテクニカルディレクター・コレクティブのBASSDRUM(所在地:東京都港区、代表取締役:清水幹太)は、12月23日(水)に公開された立命館大学のインタラクティブオンラインキャンパス「Ritsumeikan Cyber-Campus(βversion)-Powered by miro-」の企画協力、および開発を担当したことを発表した。

Ritsumeikan Cyber-Campus(βversion)-Powered by miro-について

新型コロナウイルスの感染拡大により、大学の学園祭やオープンキャンパス等のイベントが相次いでオンラインへと移行するなか、その多くは大人数に向けて配信される動画やVRコンテンツを参加者が視聴するだけのものとなっている。

しかし、一方的な視聴では他者の存在を感じられず、参加者が孤独感を抱きやすいことなどが課題として挙げられていた。

「Ritsumeikan Cyber-Campus(βversion)-Powered by miro-」は、ブレインストーミングやワークショップなどのチーム作業で注目されるオンラインホワイトボードサービス「Miro(ミロ)」をベースにし、複数の参加者がMiro上に作られた7つの島をリアルタイムで自由に移動しながら、大学や学生の活動について知ることができる。

広大な3つのキャンパスには、Miroの代名詞とも言える付箋機能を使って、大学の便利なお知らせやちょっとしたトリビアなど様々な情報が散りばめられているため、入学を検討する学生にも将来のキャンパスライフをイメージしやすい作りとなっている。

さらに、ZoomやGoogle Meetといったビデオ会議ツールの同時使用により、キャンパスや400以上の部活・サークル、各学生自治会について、同伴者と会話しながら見学することも可能。

サイバーキャンパス(β版)の利用には、複雑なインストールや登録も一切ないため、PC・スマホのいずれからでも気軽に参加することができる。

公開期間

2020年12月23日(水)~2021年4月ごろ

立命館大学学友会・寺田龍平さんコメント

2020年度は新歓や学園祭がこれまで通り開催できない中、新入生に向けた各クラブ・サークル団体の情報発信が十分にできないことなどが課題となっていました。サイバーキャンパス(β版)では、こうした課題の克服だけでなく、オンライン上であっても人との交流・つながりを感じていただければと思います。

Miro(ミロ)とは

複数人のブレインストーミングやワークショップなどに利用できるオンラインホワイトボードツール。

付箋を貼るメモ機能やグラフ機能等により簡単に議論を可視化できるため、クリエイティブ作業をする上で便利なツールとして人気を集めている。