linK&Relations、幼児・小学生向け海外と繋がれる無料LIVE配信サービス「Mimmyアドベンチャー」を開始

幼少期向け英語学習サービス「Mimmy(ミミー)」を運営する株式会社linK&Relations (本社:東京都品川区、代表取締役&CEO:関根謙太)は、コロナ禍によるStay Home推奨が続く中、幼児・小学生が「おうちにいても海外の文化や街、外国人との会話を経験できる」無料LIVE配信サービス「Mimmyアドベンチャー」を2020年12月より提供を開始したことを発表した。

12月16日のサービス開始以降、1週間で延べ100名以上の子供たちが視聴し海外の文化や街並みから様々な刺激を受けているという。

2021年以降も幼少期の語学教育領域に特化したサービスを順次発表していく。

Mimmyアドベンチャーについて

Mimmyアドベンチャーの取り組み背景

新型コロナウイルス感染拡大は、子どもの習い事にも多大なる影響を及ぼしている。

学習塾などの休講、オンライン化が続き、おうちで過ごす時間が増えることで、子供にとって必要な「多様な経験」と「新しい刺激」を得る機会が急速に失われている。

この課題解決と感染症などのパンデミックの再来を前提としたWithコロナ時代の教育のあり方について、まさに今、変革が求められている時代となっている。

デジタル庁の発足と教育領域におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)推進の重要な施策として方針が打ち出されている「デジタル・ニッポン2020~コロナ時代のデジタル田園都市国家構想~」でも、「オンライン教育の充実」「教育のDX化」を推進することが明記されている。

そこで我々は子供たちの学びの場だけでなく、遊びや興味の幅を広げられる機会をおうちの中でも手軽に実現できるサービスを作るべくMimmyアドベンチャーを開始。

デジタルの特性を活かし、質の高い教育や多様な経験や刺激を得る機会をオンラインで提供することで、地域ごとの教育機会の不均衡の解消やパンデミック再来に備えた教育機会の担保、そして「いつでも、どこでも」子供が楽しみながら新しい経験をし、刺激を受けながら語学を学ぶ環境を得られることを実現していく。

特徴

1.画面の向こうには遠い異国の地!

Mimmyアドベンチャーは、子供たちに「多様な経験」・「新しい刺激」を提供するため、世界各地と繋いでその現地の文化や習慣、乗り物や建物など、日本では絶対に経験できない「楽しい空間」を作り出す。

世界中の子供好きの先生と一緒の空間を過ごすという体験は、子供の好奇心を刺激し、想像力と積極性を養うことができる。

2.徹底的にリアルにこだわったLIVE配信!

子供達は、「(自分の家の)外は明るいのに、先生のお部屋の外は夜なのはなんで?」「この電車の色は見たことないね」「先生はなんで(冬のはずなので)半袖で外にいられるの?」など、色々なところに疑問を持って、たくさんの刺激を受けることができる。

もちろん言語が違うことにも興味を持ち、「英語で先生に話しかけてみたい!」という気持ちが出てくる子供もいる。

デジタルの世界であっても、やはりリアルに勝るものはない。MimmyアドベンチャーはLIVE配信にこだわり続ける。

3.たった10分だからこそ子供が全集中できる!

世界と繋がれる時間は10分間。

子供の集中力を最大限に発揮する時間を考えた設定となっている。

世界各地の専属講師たちはどうすれば短時間で子供達に楽しい時間を提供できるかを日夜考え、工夫を重ねた濃密な時間を提供する。

Mimmy(ミミー)について

「Mimmy」は、幼少期にしか身に付けることができない英語を正確に聞き取るための能力である「英語耳」の習得に特化したサービスプログラム。

英語耳習得に最適な動画コンテンツを世界中から言語学の専門家や英語ネイティブの外国人が選定し、語学の習得に必要な「圧倒的な量の良質な音のインプット」を実現する。

また、家庭の中でテレビや動画を見せることも多くなってきた昨今、子供にとって安心・安全でかつ、将来の力になるコンテンツのみを配信することによって、保護者の心理的な安心や時間的な余裕も提供している。

 


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。