三重県玉城町と楽天・アマナ・デジタルハリウッド大学の4者、人材育成や関係人口創出のためのプロモーションなど6項目において連携

​三重県度会郡玉城町(町長:辻村 修一、以下「玉城町」)、楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)、株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 兼 グループCEO:進藤 博信、以下「アマナ」)およびデジタルハリウッド大学(所在地:東京都千代田区、学長:杉山 知之)は、12月23日(水)に、包括連携協定を締結したことを発表した。

本協定に基づき4者は、以下6項目において、連携および協働していく。

包括連携協定の主な内容

  1. まちを教育の場として活用した人材育成に関する事項
  2. 魅力発信のための地域ブランディングに関する事項
  3. 関係人口創出のためのプロモーション業務に関する事項
  4. ふるさと納税の振興に関する事項
  5. 町内のデジタル化推進に関する事項
  6. その他、IT利活用等による地域振興に関すること

本協定を通じて4者は、アマナのビジュアルコミュニケーション領域におけるコンテンツ制作力や国内屈指のデジタルコミュニケーション人材を輩出しているデジタルハリウッド大学の教育ノウハウ、楽天が有する70以上のサービスと強固な顧客基盤を最大限に活用し、玉城町における関係人口の創出や地域の活性化、域内住民の郷土愛の醸成を目指す。

これまでも4者は、町のブランディング事業や電子ブック型アプリ「三重玉城ナビ」の制作などで協業し、玉城町の地域経済活性化を推進してきた。

この協定の締結によって、4者の取り組みをさらに深化させ、共に玉城町の持続的な地域経済発展に貢献していく。