MAIA、長野県塩尻市「RPA活用人材育成プログラム企画・研修業務」に採択

女性が自分らしく働く環境を作るため、女性テレワーカーの育成と全国の企業・自治体のデジタル化支援を行う株式会社MAIA(本社:東京都港区、代表取締役:月田有香、以下「MAIA」)は、塩尻市の発展と市民生活の向上に寄与するため、テレワークを活用したダイバーシティ推進等を実施する一般財団法人塩尻市振興公社(以下、「塩尻市振興公社」)にて募集された「塩尻市RPA活用人材育成プログラム企画・研修業務委託」に係るプロポーザル審査の結果、契約者として選定されたことを発表した。

塩尻市振興公社では、働く意欲はあるがフルタイムでの就労が難しい人が、それぞれのライフスタイルに合わせて安心して働けるように、好きな時間に好きなだけ働ける環境を構築できるよう、テレワーカー育成に注力している。

現在は企業や官公庁におけるアウトソーシング業務を塩尻振興公社が受注し、分解・マニュアル化した業務をテレワーカーに発注しているが、今後はテレワーカー人材が中心となり地域の業務効率化、働き方改革を継続的に推進するともに、RPAの活用推進・導入をしていけるビジネスモデルの構築を目指している。

そこでプロジェクトでは、地域の業務効率化、働き方改革を推進するために、塩尻市のテレワーカー人材がRPAの開発スキルを身に付けられるよう、育成プログラムを開発し、教育する。

さらに実践的にRPA開発を学べるよう、塩尻市役所の RPA導入・開発プロセス及びドキュメント・運用フローの標準化も同時に行い、テレワーカーもOJT研修として参加。

また、スキルだけではなくテレワーカーとして自立して働けるようなマインドを醸成する研修も実施する。

実施するRPA活用人材育成プログラムについて

地域人材がRPAの活用・導入推進するために必要なスキル・マインドを身につけられるよう、実践的に学べるプログラムを開発し、習得まで伴走する。

また、個々の指向性、スキルに応じて開発・コンサルタントどちらのキャリアの可能性も考えられるよう、必要なスキルを幅広く学べるプログラムを設計する。

研修内容

  • RPA開発基礎
  • RPA活用人材マインド研修
  • RPA開発実践研修

MAIAの自治体向けサービスについて

MAIAは「テクノロジー化×女性活躍」ソリューションで地方創生の実現を支援していく。