Amazon、Amazon Kids+でオリジナル動画コンテンツ「Super Spy Ryan」を提供開始

Amazonは2020年12月21日(月)より、YouTubeクリエイターとその運営会社Sunlight Entertainmentが初めて制作したオリジナル動画コンテンツ「Super Spy Ryan(スーパースパイ・ライアン)」を、米国に続き国内のAmazon Kids+でも配信を開始することを発表した。

「Super Spy Ryan(スーパースパイ・ライアン)」とは、米国在住のクリエイター、ライアン・カジ君による約2700万人のフォロワーをもつ、米国で人気を博しているYouTubeチャンネル「Ryan’s World」を元に作られたコンテンツ。

このオリジナルコンテンツは、ライアン君本人や家族が登場する実写と、ライアン君とバーチャル世界の仲間がスパイチームを結成して冒険をするアニメーションを融合し、描写している。

ライアン君と仲間達が一緒に、悪党のハムスターであるパックラットから、貴重な黄金のゲーム機を取り戻し、世界を救う冒険を家族で楽しめる動画となっている。

Ryan’s Worldについて

日本人の父と、ベトナム系アメリカ人の母を両親に持ち、米国テキサス州に住むライアン・カジは、現在、世界で最も稼ぐYouTuber(米誌フォーブス発表)として世界から注目を集めている。

YouTubeを始めた当初は、日本、ベトナムなどに点在する家族に、ライアンの成長を見せることが目的だった。

ライアンがおもちゃのレビューをする、というシンプルな構成の「Ryan ToysReview」は、スタートしてからわずか4ヵ月で、世界のトップ20にランクインする超人気番組に。

現在では、ライアンズ・ワールドは日本語版やスペイン語版を含む、9つのYouTubeチャンネルを運営しており、累計登録者数は4,000万人以上、累計再生回数は540億回を超えている。

科学実験や家族での挑戦、アニメーションなどの楽しくて教育にもつながるライアンズ・ワールドのコンテンツは、視聴者にポジティブな影響を与え、子供の学習をサポートしている。

Amazon Kids+について

Amazon Kids+は、児童書、知育コンテンツ、ビデオ、ゲームなど、年齢に応じて楽しめる数千点のコンテンツを提供している子ども向け定額サービス。

ペアレンタルコントロールアプリ「Amazon Kids」を保護者は無料で利用ほか、子ども向けの定額サブスクリプションサービス「Amazon Kids+」は、プライム会員は月額480円、一般会員は月額980円で利用できる。

日本では現在、Fireタブレットキッズモデルを含めたFireタブレットシリーズで子ども向け書籍、ビデオ、学習用アプリやゲームなど、数千点のキッズコンテンツを楽めるほか、子ども向け電子書籍リーダーのKindleキッズモデルを含めた全Kindleシリーズでは1,000冊以上の人気の電子書籍を提供している。

※利用のデバイスによって体験できるコンテンツは異なる場合がある。


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。