アイード、英語スピーキングの自由発話における文字起こしと発音評価を同時に実現する最新版「CHIVOX」を提供開始

英語スピーキング評価AI技術「CHIVOX (チボックス) 」を提供するアイード株式会社(東京都品川区、代表取締役:宮澤 瑞希、以下 アイード)は、2021年1月より新技術「自由発話認識評価カーネル」の提供を開始することを発表した。

今回提供を開始する新技術「自由発話認識評価カーネル」は、英語で発話された内容を文字に起こした上で、発音評価も同時且つリアルタイムに行うという特徴がある。

日常英会話やヒアリング試験対策/スピーキング演習など、様々な学習ニーズに適していると考えられ、高い認識精度を持つ音声認識技術によってインタラクティブなユーザーエクスペリエンスの実現をサポートする。

自由発話認識評価カーネルの特徴

自由発話認識評価カーネルは従前のサービスとは異なり、事前に評価対象となる英文テキストを用意する必要はなく、学習者の自由な発話内容を文字に起こし発音評価を行うため、これまでにはないUI/UXでのプロダクト開発が期待される。

また、評価対象を限定しないだけでなく評価基準の調整も可能であるため、プロダクト開発の幅が広がり多くの可能性をもたらす。

新カーネルの特徴

  • 音声認識技術×音声評価技術がベース
  • 発話内容の文字起こし及び発音評価をリアルタイム且つ同時に行える
  • 高速フィードバック
  • 音声認識の結果を単語毎にレーティング
  • 主な発音評価項目は「総合点」「流暢性」「ポーズ」「WPM」

新カーネルでは、発話した単語毎のスコアをフィードバックすることが可能。

一般的な音声認識技術は文字起こしを行うが、その成り立ちもあり、認識された結果を単語毎にレーティングを行いフィードバックするという概念自体がない。

一方、音声評価技術がベースのCHIVOXは語学学習用途に特化されており、今回もグローバルのニーズに応える形で新カーネルを開発/リリースするに至った。

また、音声認識技術には標準的なネイティブの発話モデルが採用されているため、ネイティブの発話に近ければ近いほど、自身の発話内容が正確に文字に起こされる。

定量評価もリアルタイムに文字起こしと同時に行われるため、AIが自分の発話内容を正確に文字に起こしてくれるまで、即ち、ネイティブに近い発音レベルになるまで「評価の高い単語は自信をもって」「評価の低い単語は意識をしながら」何度もスピーキング練習を行うといったユーザー体験が実現できる。

新カーネルは教育者側の利便性も高いと考えられる。

例えばスピーキング系の宿題は、生徒の録音音声を聴いて添削/フィードバックを行うという講師/先生の作業が発生するが、新カーネルはこの作業の自動化にも活用可能であり、教育の質向上にも寄与できるだろう。

アイードは今後も、AI技術やEdTech製品などテクノロジーの利活用を通じて教育領域が抱える課題解決を目指すべく、英語教育業界にテクノロジーソリューションを提供していく。

「CHIVOX」とは

CHIVOXは、学習者のスピーキング能力を「発音」「流暢さ」「内容」「文法」等の項目で診断し、改善点のフィードバックを行うことが可能であり、導入企業が自社の英語学習サービスに自由に搭載できるクラウドサービス。

グローバルでは、ユニコーン企業の「VIPKID」やNYSE上場の「TAL Education」及び「China Online Education」をはじめ1,000社以上に導入されており、中国の英語教育サービス市場では導入シェア60%超を誇る。

また、上海市や江蘇省等の自治体が行う大学入試および高校入試等の公的試験のスピーキングテスト自動採点システムとしても利用されている。

CHIVOXを活用した英語学習人口は1億3,000万人を超え、毎月6億回以上のスピーキング評価を行っている。

CHIVOXは評価対象別(ワード/センテンス/パラグラフ/発話内容判定/オープンクエスチョン等)、且つ、レベル別(幼児レベル/普通レベル/ネイティブレベル)にスピーキング評価AIエンジンを用意されている。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。