塾やスクール専用業務管理&コミュニケーションアプリ「Comiru」導入数2,300教室を突破、「ComiruHR」をリリース

株式会社POPER(本社:東京都中央区、代表取締役:栗原慎吾)は、2020年12月8日、塾やスクール向けの講師の労務管理&講師コミュニケーションツール「ComiruHR」を正式にリリースしたことを発表した。

また同時に、スクール専用業務管理&コミュニケーションアプリ「Comiru(コミル)」の導入数が2,300教室を突破したことを発表した。

「ComiruHR」概要

ComiruHR開発の背景

2020年11月時点でComiruの導入数は2,300教室を超え、生徒数も15万人を突破。

POPERでは今後もさらなるサービス拡大を目指し、一人でも多くの人々が生徒とより向き合えるようにしていく。

一方で、教育業界におけるデジタル化の必要性はこれまでも長い間提唱されており、コロナウイルスによりデジタル化の必要性は以前よりも緊急度を増し、普及が急がれている。

それにより、教務の部分や、保護者コミュニケーションのデジタル化は推進されているものの、学習塾にとって永年の悩みである、人事労務の領域においては依然として不透明な部分が残っているのも事実。

塾経営にとっての価値の源泉である講師の働き方を、適切かつ効率的に行い、塾経営の生産性向上ひいては生徒の学力向上に貢献できるよう「ComiruHR」をリリースすることに至った。

ComiruHRの特徴

①講師のシフト管理

講師のシフト提出、調整、確定、連絡まで煩雑な業務を効率化する。

生徒の出席可能日を、Comiru上で回収することで、シフトの自動マッチングも可能。

②勤怠管理

学習塾特有の勤怠形態に特化したシステムで、提出された記録を取りまとめる手間なく勤怠管理ができる。

③給与管理と連動することで、時給ベースやコマベース等の給与支払いが可能。

③給与管理

コマ給、時間給など、学習塾特有の給与形態に合わせた給与管理が可能。

勤怠実績をベースに、ボタン一つで自動給与計算・明細発行を実現する。

④講師への連絡

講師への一斉連絡や個別連絡がComiru上で可能。

連絡先交換が不要になり、Comiru上でメッセージの既読未読も確認可能なため、講師とのコミュニケーションを効率化する。

※画面は開発中のものにつき、実際の仕様とは異なる場合あり。

今後リリース予定の機能

今後もさまざまな機能をリリース予定。

  • 講師情報の管理
  • 採用管理
  • 有給管理機能

※ComiruHRの利用には、Comiruの契約が必要。その場合、Comiruのサービス料金に加え、ComiruHRの料金が必要となる。

POPER 代表取締役 CEO 栗原氏からのコメント

塾経営のデジタル化は進んで来ていますが、授業やコミュニケーション部分に範囲はまだ限られています。しかし、本当にデジタル化が必要な部分は他にもたくさん存在します。その中の1つが「人事労務」の部分です。またデジタル化は必要なものの、多くのシステムを使うことで手間が増えては元も子もありません。

ComiruとComiruHRを使えば、例えば座席管理と講師シフト登録が連動する等、一つのシステム内ですべてが完結します。教育業界に必要な「生徒としっかりと向き合う」ために効率化できる部分は効率化し「教えるをなめらかに。」という弊社のミッションを更に加速していければと考えています。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。