アクサダイレクト、入院中の子どもたちと分身ロボット“OriHime”を通してリモートで交流

アクサ損害保険株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長兼CEO:ハンス・ブランケン、以下「アクサダイレクト」)は、地域貢献プログラムの一環として、コンタクトセンターのある3拠点において、遠隔操作型分身ロボット“OriHime”※を使ったリモート交流会を2020年9月から11月にかけて実施したことを発表した。

闘病のため入院生活を余儀なくされている子どもたちへの支援を目的として、7月に東京で行ったアクサダイレクトオリジナル絵本の贈呈式における交流に続き、地方拠点がある福井県福井市、高知県高知市、北海道旭川市の3拠点に勤務するアクサダイレクトの社員が、近隣3病院に入院中の5歳から14歳の子どもたち9人と分身ロボットを活用したリモートでのコミュニケーションを行った。

アクサダイレクト地域貢献プログラム「入院中の子どもたちと分身ロボット“OriHime”を通じた交流会」実施概要

  • アクサダイレクトは、地域貢献プログラムの一環として、コンタクトセンターのある3拠点近隣の3病院に入院中の幼児から中学生を対象としたリモート交流会を、分身ロボット“OriHime”を通じて2020年9月から11月に実施
  • 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、医療機関では面会や立ち入りが制限され、入院中の子どもたちは家族との交流もままならない中、自分たちの分身となったロボットを病院から操作し、家族とのお出かけや、学校への登校などを約10日間にわたって体験
  • 体験期間の最終日は、アクサダイレクト社員によるオリジナル絵本の読み聞かせやお買い物体験などを通してコミュニケーションを深めるとともに、絵本や手書きのメッセージ入りのしおりなどのプレゼントを贈った

2020年春から続いている新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、特に医療機関では面会や立ち入りが制限されるなど、入院中の子どもたちは家族との交流もままならない状況にある。

アクサダイレクトは、このような困難な状況下で病気と闘う子どもたちを励ましたいという想いから、分身ロボットを使った「外の世界の体験」のプレゼントを企画。

ロボットには内蔵カメラとマイク・スピーカーが備わっているため、子どもたちは病院にいながら、外の世界を見たり、人々と双方向で会話したりすることができる。

入院中の子どもたちには、まず約10日間ロボットを貸与し、自分の分身として自由にお出かけをしてもらった。

久しぶりに学校の行事に参加したり、家族と団らんしたりと、今まで制限されていたことを分身ロボットを通じて体験してもらうことができた。

体験の最終日には、子どもたちの分身となったロボットをアクサダイレクトの各拠点に招待し、社員との交流やお買い物体験などを楽しんでもらった。

アクサダイレクトの拠点における交流会では、アクサダイレクトのCEOがストーリーを考案し、社員がイラストを描いたオリジナル絵本『スマイルランドのミツバチとどうぶつたち~The bumble bee and the smiling animals~』の読み聞かせや、オフィスツアー、近隣のショッピングセンターでのお買い物体験などを実施し、子どもたちに入院生活や治療から離れ、楽しいひと時を過ごしてもらうことができたという。

子どもたちがロボットのマイク機能を使った会話だけでなく、ロボットの手や首を振るモーションなどを通して社員に対し反応してくれることで、まるですぐそこにいるかのようなコミュニケーションが可能となり、社員も子どもたちと一緒に交流会を楽しんだ。

交流会後は、CEOからの直筆メッセージとサイン入りのオリジナル絵本、絵本に登場するキャラクターをあしらったバンダナに加え、交流会に参加した社員が子どもたち一人ひとりに心を込めて書いたメッセージ入りのしおりをプレゼント。

プログラム実施後は、子どもたちや家族、病院関係者から

  • 「OriHimeロボットがいろいろな所へ行くことで、一緒に行った気分になることができました。気も紛れ、つらい治療もがんばることができました。」
  • 「1年以上学校の友達と会っていませんでしたが、ロボットを使ったことで、友達とコミュニケーションがとれ、子どもの笑顔が見られてよかったです。」
  • 「闘病中の子どもたちにとって、大切な人たちとのコミュニケーションがいかに大事なのか、改めて感じました。」

などの感想が寄せられた。

参加した社員からは、

  • 「ご家族からこんな楽しそうな姿を見るのは久しぶりとの言葉をいただき、同年齢の子どもを持つ親として大変嬉しく思います。」
  • 「入院中の男の子に欲しいものを尋ねたところ、妹さんへのプレゼントでした。大変な境遇にありながらも妹さんを思う気持ちに触れ、心が洗われるような体験となりました。」

などの感想が寄せられ、参加した社員にとっても温かい気持ちをプレゼントしてもらう時間となったようだ。

各拠点での交流の詳しい様子は、アクサダイレクトのウェブサイトで紹介されている。

アクサダイレクトは「すべての人々のより良い未来のために、大切なものを守ります」というアクサグループのパーパスのもと、今後も地域社会に根差し、人々に寄り添うCR(コーポレート・レスポンシビリティ)活動に取り組んでいく。

福井県福井市

日時

9月17日~9月30日

場所

福井大学医学部附属病院小児科

参加者

  • 9~11歳の子どもたち3人
  • アクサダイレクト 福井センター社員9人

内容

  • 9月17日~9月28日
    • 家族とドライブ
    • 学校へ出席
    • 運動会に参加
    • コンビニへお買い物
  • 9月30日:アクサダイレクト社員と
    • 絵本の読み聞かせ
    • オフィスツアー
    • ショッピング

高知県高知市

日時

10月29日~11月11日

場所

高知県立高知江の口特別支援学校、高知大学医学部附属病院分校

参加者

  • 11~14歳の子どもたち4人
  • アクサダイレクト 高知センター社員10人

内容

  • 10月29日~11月9日
    • 前籍校の友人との交流
    • マジックショー参加
    • 大学の学生の授業参観
  • 11月11日:アクサダイレクト社員と
    • 絵本の読み聞かせ
    • ショッピング

北海道旭川市

日時

11月12日~11月25日

場所

旭川医科大学病院小児科

参加者

  • 5~6歳の子どもたち2人
  • アクサダイレクト 旭川センター社員6人

内容

  • 11月12日~11月25日
    • 家族と交流(0歳児とその家族が利用)
  • 11月25日:アクサダイレクト社員と
    • 絵本の読み聞かせ
    • オフィスツアー
    • ショッピング

遠隔操作型の分身ロボット“OriHime”とは

オリィ研究所が開発している、育児や介護、身体障害などで通勤や出社が困難な方のテレワークや、病気で学校に通えない児童・学生の遠隔教育ツールとして全国で使われている分身ロボット。

PCやタブレット、スマートフォンで手軽に操作でき、“OriHime”の設置や持ち運びが簡単なところが特徴。

「移動の制約」を克服し、「その場にいる」ようなコミュニケーションを実現する。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。