明治大学、小学館とコラボしオンラインPBL「小学館発のキャラクター『あさりちゃん』を若者世代にPRせよ!」を実施

明治大学就職キャリア支援センターは2020年10~12月にかけて、株式会社小学館(東京都千代田区)と協力して、学部1~2年生70名を対象としたオンラインでのPBL(問題解決型学習)活動を実施していることを発表した。

明治大学 オンラインPBL活動(協力:(株)小学館)「小学館発のキャラクター『あさりちゃん』を若者世代にPRせよ!」概要

この取り組みは、新型コロナウィルスで活動制限されている中、オンラインで少しでも実践的な学びの場を学生に提供すること、学生同士の横の繋がりをつくることを目的に、小学館の協力を得て実施。

学生は複数グループに分かれて、小学館発のキャラクター『あさりちゃん』を若者世代にPRする企画を立案する。

企画書に対しては、小学館の担当者から、フィードバックを受けることができる。

そして、最終的に提出された企画書の中から合格グループが選抜され、12月22日(火)に企画内容をプレゼンテーションする場が設けられる。

さらに、その中から、優秀案に選ばれたグループの提案は、小学館社内で今後の実現の可能性が検討されることになっている。

主催

明治大学就職キャリアセンター

協力

株式会社 小学館

方法

WEBツールZoomを用いて全てオンラインで実施

期間・内容

10月13日(火)17:20~:チームビルディング

アイスブレイクの後、グループ決めを行った。チームごとに分かれて、企画提案(スライド資料10枚以内)を練り上げていく。

11月上旬まで:企画1次締め切り

提出された提案は、明治大学と小学館の担当者が目を通し、フィードバック。

11月末まで:企画最終締め切り

ブラッシュアップされた最終企画の中からいくつかの合格グループを選抜。落選してしまったグループにはフィードバックがされた。

12月22日(火)17:20~:合格グループプレゼンテーション

合格グループがオンライン上でプレゼンテーションを行った後、小学館担当者から講評がある。優秀案に選ばれたチームの提案は、今後の実装が検討される。