アルクのWebメディア「ENGLISH JOURNAL ONLINE」SmartNews Awardsベストパートナー賞を2年連続受賞

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:天野 智之、以下アルク)は、スマートニュース株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:鈴木 健、以下スマートニュース)が12月14日に発表した「SmartNews Awards 2020」において、Webメディア「ENGLISH JOURNAL ONLINE」がベストパートナー賞 学び部門を受賞したことを発表した。

「SmartNews Awards」は、話題のニュースがいつでも読めるニュースアプリ「SmartNews」での良質な媒体の活動を顕彰し、メディア業界活性化の一助となるようスマートニュースが創設、2015年より毎年発表している。

この1年間、新しい施策に果敢に取り組み、多くの人々が知るべき重要なニュース、独自の視点で取材したユニークな記事の提供により、ユーザーからの支持を得た媒体に表彰される。

「SmartNews Awards 2020」では、アルクのWebマガジン「ENGLISH JOURNAL ONLINE」が、ベストパートナー賞 学び部門を受賞。

「ENGLISH JOURNAL ONLINE」は、「SmartNews Awards 2019」で同賞を受賞した「GOTCHA!」のリニューアル版。2年連続での受賞となる。

バリエーション豊富な記事を提供したことが評価

「ENGLISH JOURNAL ONLINE」は2018年8月から、「SmartNews」英語学習チャンネルを中心にコンテンツを提供してきた。受賞理由は以下の通り。

実用的な学習素材から言語の文化と歴史まで、様々なコンテンツを配信して学習モチベーションの維持と向上を支援し、英語学習に役立つ媒体として独自の存在感を示しています。月額課金制のサブスクリプションを提供し、学びのメディアとしての可能性を切り拓こうとしています。

これからもアルクでは良質の記事をたくさん紹介していくという。

ベストパートナー賞は、この1年、様々な領域ごとに、独自性や新規性のある施策に積極的に取り組むことで、ユーザーから多くの支持を集めた媒体に贈られる。

今回新設された「読者投票部門」受賞媒体を含む、ベストパートナー賞17部門19媒体の詳細は、SmartNews Awards 2020 特設サイトを参照。

「ENGLISH JOURNAL ONLINE」とは

アルクの「ENGLISH JOURNAL ONLINE」は、「英語学習のその先」を見据えた人たちをターゲットにしたサブスクリプションメディア。

無料で読める記事に加え、より深い情報を届ける有料記事を掲載した「PREMIUM」エリアを展開している。

記事の内容は、著名人の独占インタビュー、語学系ニュースをはじめ、英語学習月刊誌『ENGLISH JOURNAL』の人気の連載や、特集、特別企画、過去のアーカイブの配信など多岐にわたる。