ベネッセの人気キャラクターしまじろう初の3DCG映画『しまじろうと そらとぶふね』2021年3月12日に公開決定

株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、代表取締役社長:小林 仁、以下ベネッセ)の提供する、幼児の教育・生活支援ブランド「こどもちゃれんじ」は、人気キャラクター「しまじろう」が活躍する映画『しまじろうと そらとぶふね』(配給:東宝映像事業部)の公開日を2021年3月12日(金)に決定したことを発表した。

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、2020年2月から公開延期となっていたが、感染対策を考慮した「新しい形の参加型映画」としてリニューアルのうえ上映する。

映画『しまじろうと そらとぶふね』概要

しまじろうの映画は、じっと座って観るだけでなく「一緒に歌ったりダンスをしたり、ストーリーに参加しながら楽しめる」という「参加型映画」のコンセプトが好評。

この「参加型」のコンセプトはそのままに、感染予防対策を十分に考えた形式にリニューアルをしている。

例えば、飛沫感染対策として、声を出しての応援ではなく拍手にしたり、リズムに合わせて手拍子をしてもらうような演出に変更し、安心して映画を見てもらえるように本編を再編集。

「参加型」に加え、子どもが理解しやすいストーリー展開は、国内のみならず、海外でも評価を受けている。

2015年公開の『しまじろうと おおきなき』では「サンディエゴ国際子ども映画祭」で”Best Animation Feature Film“を受賞、「インド国際子ども映画祭-ゴールデンエレファント-」でもコンペ部門にノミネートされた。

本作は、「しまじろう」映画初となる3DCGフルアニメーションで、躍動感あふれる映像を楽しめる。

映画のコンセプト

本作のコンセプトは「大好きな人と見る参加型映画。

みんなで協力し合いながら、ひらめきや工夫で困難を乗り越えようと頑張るしまじろう達の姿を通して、あきらめない心、仲間を思いやる優しさ、大好きな人に思いを伝える素晴らしさを子どもたちに伝える。

特長

しまじろう映画は、以下の3つの特長で、小さな子どもでも最後まで夢中で見られる“ファーストシネマ”(初めての映画館体験)として好評。

  1. じっと座って観るだけでなく、参加できる。
  2. 子どもが怖くならないように、保護者が子どもの表情を確認できるよう明るめの会場で上映。
  3. 約60分間の上映に途中休憩。

放映日

2021年3月12日(金)より、全国ロードショー

しまじろうメッセージコメント映像付き 新予告映像

ストーリー

雨が降らなくて困っているグリーンウッドの人たちのために、「そらとぶふね」を作って、空から雨を降らせる手伝いをすることになったしまじろう達。

船づくりを邪魔するガ―ビーズ達や様々なトラブルに苦戦しながらも、しまじろう達は力を合わせて頑張る。

はたして、無事、船を完成させて雨を降らせることはできるのか?映画館でしまじろう達と一緒に冒険にでかけよう!

スタッフ キャスト 作品データ

  • 声の出演:南央美 高橋美紀 山崎たくみ 杉本沙織 井上喜久子 茶風林 稲葉実 内田雄馬(ジン) 潘めぐみ(リリィ) 潘恵子(リリィ母) かぬか光明(王様) 小川真奈(モーディ長男) 大森日雅(モーディ次男) 前川涼子(モーディ三男) 杉田智和(ガービーズ親分) 真木駿一(炎仙人) 斉藤こず恵(クモばあさん)
  • 監督:河村友宏 脚本:杉浦理史 音楽:野中“まさ”雄一
  • 主題歌:「えがおのそら」歌:ジン(CV:内田雄馬)
  • 作詞:仲智唯 作曲・編曲:野中“まさ”雄一
  • 音響制作:Ai Addiction
  • アニメーション制作:上海合源文化伝媒有限公司 白組 coyote
  • 原案:ベネッセコーポレーション
  • 配給:東宝映像事業部
  • 製作:ベネッセコーポレーション、上海合源文化伝媒有限公司
  • 協賛:日本航空、日本マクドナルド、パンパース、ラグーナテンボス、アクアクララスパリゾートハワイアンズ
  • 協力:テレビせとうち ©上海合源文化伝媒有限公司

「こどもちゃれんじ」は、映画の他にも、コンサートやテーマパーク、幼児向け教育番組やアプリなどの様々なサービスを通じて、今後も子どもたちの成長と、ご家族の思い出に残る時間を提供していく。

参考情報①中国でも大ヒット!

2019年6月に先立って中国で上映した本作品は、「厦門国際アニメーションフェスティバル」のコンベンションで、国産長編アニメ部門の銀賞を受賞。

「子どもに見せたい映画」「泣ける映画」として高評価を獲得した。

※今回日本で上映する作品は、中国で上映したものを日本版に編集したもの。