ICT教材「eboard」小学校理科・社会の映像授業、デジタルドリルを追加

NPO法人eboard(いーぼーど)は、コロナ禍でのさらなる学習機会の保障に向け、12月9日にICT教材eboardに、小学理科・社会の映像授業・デジタルドリルを追加したことを発表した。

ICT教材「eboard」小学理科・社会の映像授業・デジタルドリルの概要

NPO法人eboardは、「学びをあきらめない社会の実現」をミッションに、映像授業とデジタルドリルで個々に応じた学習をサポートするICT教材eboardを、国内800カ所以上の学校、学習塾、NPO等に提供している。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う2020年3月〜5月の全国的な学校休校期間においては、オンライン授業に取り組む学校や学習塾を中心に、100万人以上に利用された。

文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」において、全国の小中学校で1人1台端末での学習環境が整備される中、より多くの学校・教育現場への提供を予定している。

これまで、eboardでは学習指導要領に準拠したコンテンツを、小学校算数・漢字、中学校国語・数学・理科・社会・英語の5教科で提供してきたが、コロナ禍での教育現場からの強い要望を受けて、小学校理科・社会(5〜6年)を新たに制作し、公開する運びとなった。

ICT教材eboard小学理科・社会の特長

様々な端末・OSから利用が可能

eboardは、インターネットのアクセス環境があれば、パソコン、タブレット、スマートフォンまで、端末やOSを問わず、様々な環境で利用することができる。

家庭の多様な端末からの利用が想定される休校期間においても、スムーズに利用を開始・継続することができ、児童・生徒の学習データは、即座に先生のアカウントから閲覧することが可能。

映像授業のインプットとデジタルドリルのアウトプットで個別化を実現

eboardは、知識の理解を進める映像授業と、その確認や定着を図るデジタルドリルで構成されている。

学習の個別化を進める上で、アウトプットに当たる演習を進めるだけでなく、「事前に映像で理解してから、学習を進める」「わからない内容について、映像でふりかえる」ことなどを通じて、インプットとアウトプットをバランスよく行い、児童・生徒が自分の力で学んでいくことをサポートする。

講師の顔が出ない、用途の広いコンパクトな映像授業

eboardの映像授業は、講師の顔が出ない、学習内容のみに集中できる映像授業となっている。

さらに、中学校の映像授業では平均8分程度だった長さを、小学校の映像授業については平均約6分と、小学生でも集中して取り組める長さで構成。

個別学習ではもちろんのこと、アクティブラーニングや探究的な授業での導入・まとめとしての一斉提示、調べ学習の教材など、様々な形態での利用が可能。

視覚的に集中できる内容になっていることから、特別支援学校・学級や放課後デイサービスなど、発達障がいや学習障がいへの支援でも、数多く利用されている。


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。