岡山大学と事業構想大学院大学、教育研究交流および協力を目的に包括連携協定(MOU)を締結

国立大学法人岡山大学(本部:岡山県岡山市、学長:槇野 博史)と学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学(本部:東京都港区、学長:田中 里沙)は、SDGsをはじめ、持続可能な社会に向けて、岡山地域の活性化を担う人材育成を目的とした「MOU(Memorandum of Understanding、包括連携協定)」を12月2日付で締結したことを発表した。

岡山大学と事業構想大学院大学 包括連携協定の概要

背景

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続くなか、本年7月に策定された「まち・ひと・しごと創生基本方針2020(※ 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局・内閣府地方創生推進事務局HPより)」では、雇用維持と事業の継続、経済活動の回復を図るとともに、感染症克服と経済活性化の両立の視点を取り入れたデジタル・トランスフォーメーション(DX)の推進や東京圏への一極集中、人口減少・少子高齢化等の大きな課題への取り組み強化が掲げられている。

また、地域の特色・ニーズ等を踏まえ、STEAM人材等の育成等に必要な地方国立大学の定員増も含めた魅力的な地方大学の実現、および産学官連携強化と体制充実に取り組むとしている。

そこで「高度な知の創成と的確な知の継承」を理念に、学都構想を実現すべく地域の知の拠点として大学と地域の協働を推進する岡山大学と、「知の実践研究・教育で、社会の一翼を担う」を理念に、全国で産官学の架け橋となり地域活性に取り組む事業構想大学院大学が各校の利点を生かし、SDGsをはじめ、持続可能な社会に向けた取り組みを行う岡山地域の実績や展望をもとに、地域活性を担う人材育成を目的として、教育研究交流および協力に関する協定の締結に至った。

両校は先んじて本年10月7日に「SDGsとポストコロナ:地域活性を担う人材育成-産官学パートナーシップで推進する岡山地域の事例と展望-」と題したWEBセミナーを共同開催するなど、取り組みを実施してきた。

この協定に基づき、教員および研究者、学部生・院生の交流や共同研究および研究集会の促進などを行っていく予定。

協定の内容

  1. 教員及び研究者の交流
  2. 学部生・大学院生の交流
  3. 共同研究及び研究集会
  4. 学術上の情報、刊行物及び資料の交換
  5. 両当事者が合意するその他の活動

国立大学法人 岡山大学 槇野博史学長コメント

新型コロナウイルス感染症の影響などが我々の生活を脅かして、世界経済が自分事として感じられる今日、一人一人の行動変容が求められています。来年で50周年を迎える世界経済フォーラムは「グレートリセット」をテーマとし、「協力を通じ、より公正で持続可能かつレジリエンスのある未来のために、経済・社会システムの基盤を緊急に構築すること」を掲げております。

とりわけ重要なのは、国連機関や各国政府、自治体・企業・大学が共創して価値を最大化するステークホルダーエンゲージメントや、地球システムの一体的な理解と調和であるサーキュラーエコノミーであり、我々も持続可能な社会に向けて地域の特色、ニーズを踏まえ、本連携協定を具体的に進めることを考えております。

学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学 田中里沙学長コメント

コロナ禍で日本全体がより濃密な知的交流の場づくりを重視することになり、本協定がその装置として有効に有機的に機能しますよう、スピード感を持って価値創出の実績を出したく存じます。

岡山大学、岡山には、多大な経営資源があり、民間や他地域からの関心も高まりますよう、数々のプロジェクトを重ねながら、ブランド力の強化を目指し、ともに社会に貢献して参りたく存じます。