日本教育技術学会とLINEみらい財団、 教員向けの「ICT教育コンテンツ」を無償提供

「日本教育技術学会」オンライン教育研究会は、LINE株式会社が設立した教育分野での社会貢献事業の財団である「LINEみらい財団」と協力し、教員向けのICT教育コンテンツ・教育技術※をLINEで配信することを発表した。

一人一台の端末が子供たちに配付される「GIGAスクール構想」が全国の学校で進展しており、加えて、新型コロナウイルスの感染拡大によりさらにニーズが高まっている。

このような状況の今だからこそ、多くの先生及び教育に携わる人に、すぐに役立つICT教育コンテンツを無償で提供する。

※コンテンツは、教育研究団体TOSS(Teachers’ Organization of Skill Sharing、代表:向山 洋一)提供協力。4択早押しクイズは、いま-みらい塾も開発に協力。

無償提供される教員向けの「ICT教育コンテンツ」概要

  • 日本教育技術学会とLINEみらい財団が協力して教員向けコンテンツを提供!
  • 「新型肺炎休校サポート LINEみらい財団」LINE公式アカウント(友だち数:約30万人)より発信!
  • GIGAスクール、オンライン授業に対応!

対象者

  • GIGAスクールに何から対応したらよいかわからない先生・教育関係者
  • オンライン授業ですぐに役立つ教材・コンテンツを探している人
  • その他、ICT教育の実践的・具体的な情報を求めている人

提供コンテンツ(順次拡大予定)

  1. 学年別(小~高)・教科領域別の指導案・指導法コンテンツ及び、効果的な学級経営・働き方に関する情報(提供元:5分で明日の授業を準備 TOSS Land )
  2. もっと学びたい人への案内:指導法動画、サークル勉強会・教育セミナースケジュール
  3. 子供が熱中して取り組む4択早押しクイズの提供:五色百人一首4択問題、SDGs(持続可能な開発目標)4択問題
  4. 学力を保障し、クラスが熱中する教材・資料の紹介
  5. その他最新ICT教育情報

※各コンテンツは、教育研究団体TOSS(Teachers’ Organization of Skill Sharing、代表:向山 洋一)協力提供。4択早押しクイズは、いま-みらい塾も開発に協力。

今後もICT教育コンテンツ、情報提供の拡充などを通して、先生の教育活動を支援していく。

利用方法

  1. 「LINE」のホーム画面から「新型肺炎休校サポート LINEみらい財団」と検索するか、QRコードを読み込み、アカウントを友だち追加する。
  2. アカウントのトーク画面上の「教員」タブをタップする。
  3. 学年別・領域別の指導案・指導法コンテンツ等を閲覧する。

LINE公式アカウント「新型肺炎休校サポート LINEみらい財団」について

LINE公式アカウント上で学習コンテンツを無償で提供。

合計で1,545本の授業動画と小中高等あわせて11万問のオンライン問題をLINEで学習できる。

提供団体

これまで、日本数学検定協会、学研ホールディングス、市進ホールディングス、ケンブリッジ大学英語検定機構、いま-みらい塾、教育情報サービス、教育情報マネジメント、全国心理業連合会からコンテンツの提供を受けて配信していたが、新たに日本教育技術学会が加わる。

 


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。