スマートに学べる問題集「リブリー」提供のLibry、一般社団法人蔵前工業会主催の「蔵前ベンチャー賞」を受賞

スマートに学べる問題集「リブリー」を開発・提供する株式会社Libry(リブリー、本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:後藤 匠)は、2020年11月25日、一般社団法人蔵前工業会(東京工業大学同窓会)が主催する、「蔵前ベンチャー賞」を受賞したことを発表した。

一般社団法人蔵前工業会(東京工業大学同窓会)は、ベンチャーの育成を目的に 2007 年度から「蔵前ベンチャー賞」を、2009 年度から「蔵前特別賞」を設置し、優れたベンチャーや、社会に顕著に貢献した個人および企業・団体を表彰している。

株式会社Libryは、代表取締役CEOの後藤氏と取締役テックリードの中村氏が、東京工業大学在学中の2012年に創業した学生ベンチャー。

「一人ひとりが自分の可能性を最大限に発揮できる社会をつくる」をビジョンに掲げ、スマートに学べる問題集「リブリー」を開発・提供している。

「リブリー」は、教科書や問題集をデジタル化し、学習要素データとオリジナルのAIで生徒一人ひとりに合わせて問題をレコメンドし、学習をサポートする。

これまでの学校教育との親和性に配慮し、生徒教師双方にとって導入しやすいスキームを構築し、昨年から急速に進められている教育のデジタル化を背景に事業を急拡大している点が評価され、「蔵前ベンチャー賞」の受賞に至った。

株式会社Libryでは、後藤氏・中村氏以外にも東京工業大学卒業生が活躍しており、2013年7月には「東工大発ベンチャー」に認定されている。

写真:株式会社Libryの東工大卒業メンバー

株式会社Libryは、子どもたちが新しい知に対するワクワク感を持ちながら学び、一人ひとりの夢が実現できるような社会を実現できるよう尽力していく。

また、今回の受賞をうけて、株式会社Libryの創業経緯がnoteに公開されている。

株式会社Libryについて

株式会社Libryは「一人ひとりが自分の可能性を最大限に発揮できる社会をつくる」をビジョンに掲げ、スマートに学べる問題集「リブリー」を開発・提供している。

「リブリー」は、出版各社が発行している既存の問題集をデジタル化し、AIドリル機能で生徒一人ひとりの学習履歴に基づいたアダプティブ・ラーニングを可能にする「中高生向け学習プラットフォーム」。

「問題検索」や「苦手分野の分析」などのスマートな機能で、生徒がより効率的に学べるようサポートする。

現在は中学校の数学、高校の数学・英語・物理・化学・生物・地学に対応しており、トライアルでの利用を含めると全国500以上の中学校・高等学校に提供されている。