A-BANK、評価・育成・紹介を一体化したDX人材バンク事業をスタート

株式会社A-BANK(代表:庄司直久、本社:東京都港区3-4-33 マルマン六本木ビル)は、評価・育成・紹介を一体化したDX専門人材バンク事業をスタートすることを発表した。

DX専門人材バンク事業概要

持続的な学びを重視する

AIをはじめとするDX分野の技術革新は目覚ましく、数ヶ月前のメソッドやソリューションが陳腐化する傾向が顕在化している。

A-BANKではDX人材の前提を“持続的な学び”と定義し、自社プラットフォームで独自に開発したオンライン人材評価テスト結果データーに基づき、会員人材に対し効果的にアドバイスを行いながら学習状況をモニタリング、ケースによっては再テストを行い人材バンクへの登録を行う(下記参照)

これによりDXで転職を希望している個人、適切な業務委託先を探しているフリーランスは、自己のDXスキルの現在地を再確認できると共にその補充を効果的に行うことができる。

又、個人を特定する情報を除いてテスト結果及び学習履歴データを企業会員に開示する為、入社後や契約後の業務委託内容のミスマッチを未然に防ぎ、自身に適切なポジションと報酬のオファーを受けることが可能になる。

+AI人材

又、A-BANKでは、エンジニア系・ビジネス系問わず非IT系産業に従事しながらAIの基礎的素養を持つ人材に対し、今後幅広く日本の産業界に需要が発生すると認識しており、非IT系産業従事者をターゲットに、産業ドメインの専門性に機械学習素養を加えた+(プラス)AI人材として積極的に市場に展開していく。

A-BANKでは農業・製造・物流・小売・医療・不動産・生活産業に従事する方々の会員登録を積極的に促し、+AI人材の供給を通じて我が国のDX推進に貢献する。

採用時に高度で複雑且つタイムリー性が要求される技能評価を代替

A-BANKではAI専門人材の募集、評価、人材バンク登録から事業をスタートするが、今後速やかにクラウド、NoCode、各種プログラミング、アジャイル、プロジェクトマネージメント、AR/VR、セキュリテイーなどDX関連分野の募集を行う(下記参照)

又A-BANKはアカデミア、事業会社等の協力を得ながら、これらDX各分野における技能評価モデルを確立し、DX人材を採用する企業担当者からDX技能評価をまかされる会社として事業を推進していく。