atama plusと栄光、通塾とオンラインを組み合わせた「atama+ビザビ」を新設

atama plus株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:稲田 大輔、以下「atama plus」)と株式会社増進会ホールディングス(Z会グループ)のグループ会社である株式会社栄光(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:下田勝昭、以下「栄光」)は、AI先生「atama+(アタマプラス)」を活用し、通塾授業とオンライン授業を組み合わせて生徒一人ひとりの学力向上を支援する新コース「atama+ビザビ」を開講することを発表した。

Z会グループとatama plusの業務提携に基づく取り組みで、2021年3月より、「栄光の個別ビザビ」全241校のうち東京・神奈川・千葉・埼玉の204校で提供を開始する。

「atama+ビザビ」概要

「atama+ビザビ」では、1科目あたり週1回の通塾授業で、講師が生徒と一緒に学習目標を決め、1週間の学習プランを作成。

生徒は学習プランに沿って、自宅で必要な分だけatama+で学習を進める。

講師は、生徒の自宅での学習状況や進捗などのデータを、講師向けプロダクト「atama+ COACH」で確認し、学習プランの立て直しや学習方法の指導といったコーチングを行う。

なお、このコースではatama+の利用時間に関わらず、受講費は教科ごとに定額。

通塾にかかる時間や受講費などの負担を増やすことなく、必要なだけatama+で学習を進めることで、生徒一人ひとりの目標に合わせて、学力を伸ばすことが可能。

「atama plus」と「栄光の個別ビザビ」のこれまでの取り組み

atama plusは、生徒の目標や苦手などのデータから、生徒一人ひとりに「自分専用カリキュラム」を作成するatama+を2017年より提供しており、全国の塾・予備校2000教室以上に導入されている。

講師には、生徒の学習状況を可視化する「atama+ COACH」を提供することで、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、普及が進むオンライン授業でも生徒ごとの適切なコーチングを支援してきた。

栄光が運営する「栄光の個別ビザビ」は、生徒一人ひとりと丁寧に向かい合うことを第一に考えた、個別指導専門の学習塾。

個別指導という学習スタイルで、苦手克服や成績向上、志望校合格など一人ひとりの目標や個性に合わせた学習プランを提案している。

オリコン顧客満足度®ランキング「高校受験 個別指導塾 首都圏」の2019年・2020年で総合第1位を獲得するなど、生徒に寄り添い目標を達成する指導に定評がある。

「栄光の個別ビザビ」では、今年度より135校にてatama+を導入し、「栄光の講師によるコーチング」と「atama+によるティーチング」を組み合わせた個別指導を行ってきた。

その結果、幅広い学力層において、生徒の成績が向上している。

具体的には、2020年10月に中高生を対象として、直近2回の各中学校・高校における定期テストの得点を調査。

定期テストに出題される範囲の単元を、atama+で目標に設定して学習を進め、80%以上習得した後に定期テストに臨んだ生徒のうち、数学では70%(n=46名)、英語では75%(n=44名)の生徒の得点が伸びていたことが分かった

「atama+ビザビ」開講の背景

両社において、生徒の学力向上により貢献できる学び方を模索する中で、生徒から「時間の制約なく、必要なだけatama+で学習したい」という要望が多くあがった。

こうした声をふまえて、生徒一人ひとりに必要な学習量を確保し、学力向上に貢献するため、これまでの通塾型の授業はそのままに、さらに自宅でもオンラインでatama+の授業を必要なだけ受講できる新コース「atama+ビザビ」を立ち上げた。

通塾の負担軽減や感染症回避といったオンライン授業の良さを活かしながら、生徒の目標達成を実現する新コースで、2021年3月より、首都圏の「栄光の個別ビザビ」204校にて提供を開始する。

atama plus 代表取締役 稲田大輔氏コメント

本来、学力を伸ばすために必要な学習内容も時間も一人ひとり異なります。atama+ ビザビは、場所や時間の制約なくatama+で必要なだけ学習し、オンライン上で繋がった生徒の学習データをもとに講師がコーチングするという、人とテクノロジーの良さを組み合わせた新しい学び方のひとつだと捉え、とても期待しています。

栄光 代表取締役社長 下田勝昭氏コメント

成績向上には学習の積み重ねによる基礎の定着と弱点克服が不可欠です。私たちのコーチングと、atama+のティーチングによる新たな学び方で、すでに多くの生徒が成績向上の喜びを実感しています。atama+ビザビでは、生徒一人ひとりに必要な学習時間・学習量を提案することで、目標達成をさらに強く後押しします。提供教室拡大で、より多くの生徒の学びを支援したいと考えています。

これからもatama plusと栄光は、両社の強みをかけ合わせ、教育におけるデジタル活用に取り組んでいく。