アルクのオンライン英会話サービス「OKpanda」添削レッスンを開始

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:天野 智之、以下アルク)は、オンライン英会話サービス「OKpanda」(以下、OKpanda)にて、添削レッスンを開始することを発表した。

「OKpanda」添削レッスンの概要

このサービスでは、海外の顧客とのやりとりに奮闘するビジネスパーソンの英語の悩みを解消することを目指す。

  • 重要なプレゼン資料や会議資料
  • 海外クライアントへのお詫びのメール
  • 外資系企業を受験する際の英文履歴書
  • TOEIC・TOEFL・英検などのライティング試験対策

などでの、「英語が必要な大事な場面で、正しく文章が書けているかを誰かにチェックしてもらいたい」という声に応えて、新サービス「添削レッスン」をスタートする。

「OKpanda」の英会話レッスンでは、チャット機能を使って、講師が英語の文章を添削する。

活用方法は利用者次第。添削された文章をもとに、レッスンで採用面接やプレゼンの実践的な練習を行うこともできる。

添削レッスンの3つの特徴

1.英文をチャットで送るだけでOK!

簡単に添削を受ける事ができる。確認したい文章ができたら、すぐレッスンを予約、最速30分で添削が始まる。

2.ビジネスレターもOK!

英作文のトピックは自由なので、ビジネスレターもOK。顧客に送るメールが正しいか心配な人におすすめ。日記もOK。

3.講師と一緒に完成

レッスン中に相談しながら添削をしてもらえるので、意図がくみ取ってもらえなかった、ということもない。

添削レッスンの受け方

(1)添削レッスンが可能な講師かどうかを確認して予約。

※添削レッスンが可能な講師には、名前の隣に添削アイコンが表示されている。

(2)「予約確定」>どのレッスンプランが良いですか?「その他」と進み、取り組みたい内容に「Proofreading」と入力して送信。

(3)レッスン前に講師にトピックと、英文をチャットから送信。※添削レッスンにはPCでの受講を推奨。

注意

  • 初めてOKpandaを使う人は、プランの申し込み後、添削レッスンを受けるまでに初回の英語レベルチェックが必須。1回の英作文添削の文字制限は150語。
  • 重要な情報が含まれた英文の添削を依頼する場合には、必ず削除するあるいは匿名化した架空の情報へ置換すること。
  • 専門的な表現を多く含む内容や、一般的な公序良俗に反する内容(犯罪や性的表現)など、アルクが作業を行うにあたり不適切と判断した内容が含まれていたものについては添削を断る場合がある。添削対象としない内容の判断はアルク側で行うものとする。

商品情報

添削レッスンは下記OKpandaの通常プラン内で受講できる。

  • ブロンズ:月額1,000円 (最大で月3レッスン)
  • シルバー:月額5,000円 (最大で月10レッスン)
  • ゴールド:月額10,000円 (最大で月25レッスン)

OKpandaとは

教材から英会話レッスンまで一つになった、英語学習に必要な機能が詰め込まれた英語学習サービス。

日常で使える英単語やネイティブが使う表現をピックアップした、世界で通用する英語教材、オンラインレッスンやチャット、専門トレーニングを受けた講師による学習プランニングなど多岐にわたるサービスが用意されている。