日本エイサー、Google OSを搭載したノートPC Chromebookの文教市場への導入事例を公開

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ボブ・セン)は2020年12月7日、文教市場へのChromebook導入事例を一般に公開した。

日本エイサーの公開した文教市場へのChromebook導入事例動画について

今回公開された導入事例は、山口県山口市の野田学園中学高等学校との共同開発によるもの。

同校には現在、高等学校の1・2年で約600台のChromebookが導入されており、生徒一人1台のChromebookを活用した授業を行っている。

また来年2021年度の弊社Chromebookの導入も決定している。

事例紹介ビデオでは、今回のChromebook導入背景や、新型コロナウイルス感染症の拡大が続く中で学校および生徒が教育の新しい形を模索する様子、さらに、学校生活でのChromebookの具体的な活用状況を案内している。

日本エイサーでは、Chromebookなど「GIGAスクール構想」における学習者用端末の標準仕様に準拠した製品を取り扱っている。

すでにChromebookなど学習者用端末を導入済みの全国の学校や、今後導入を検討される学校にも見てもらえるよう、ウェブサイトおよびYouTube上に動画を公開した。