Z会の通信教育、小学生コース3・4年生専科「思考・表現力」講座を2021年4月より開講

株式会社増進会ホールディングス(Z会グループ)のグループ会社である株式会社Z会は、「Z会の通信教育」において、2021年4月より、小学生コース3・4年生専科「思考・表現力」講座を新規開講することを発表した。

現在、資料の請求・申し込みを受付中。

小学生コース3・4年生専科「思考・表現力」講座概要

2021年4月、小学3・4年生向け「思考・表現力」講座開講

将来の高校・大学入試で必須となる課題発見力・課題解決力や表現力を養うためには、小学校中学年のうちから「思考の幅をより広げる経験」や「自分の考えを正しく伝える経験」が欠かせない。

Z会小学生コース3・4年生では、2021年4月より、専科「思考・表現力」講座を新規開講。

教科学習の内容にとどまらない複合的な出題で、教科の枠をこえた思考力・判断力・表現力を伸ばしていく。

公立中高一貫校受検を考えている人にもおすすめ。

特徴

思考の幅を広げる5つの力

「論理的思考力」「情報整理力」「試行錯誤力」「判断力」「表現力」の5つの力を養う。

国語・算数・理科・社会の教科知識や、日常生活・社会生活で習得した知識を組み合わせて考える問題で、教科の枠をこえた発展的な力をはぐくむ。

テーマに沿った多彩な出題

毎月の教材では「5つの力」の中からテーマを設け、そのテーマに沿った問題を出題。

下記は「情報整理力」「判断力」を養う問題の例。

このほかにも、さまざまな出題を通して、思考力・判断力・表現力を伸ばしていく。

この問題を解くことで身につく力

てんびんのきまりを理解したうえで、いくつもの実験結果からわかることを整理し、複数の異なるおもりの重さについて丁寧に考えていく問題。情報を整理する力や、結果にあてはまるかどうかを判断する力を身につける。教科学習だけでは身につけにくい力を養うことができる。

添削指導で、思考・表現力をさらに磨く

テキストに取り組んだ後には、提出課題に挑戦。

提出された答案は教科専任の指導者が丁寧に添削する。

「自分の考えを第三者にわかりやすく伝える」実践を積むことで、思考・表現力をより高いレベルへと引き上げる。

現在、講座の詳細を掲載した資料の請求、申し込みを受付中。

3年生用・4年生用の資料を請求すると、「思考・表現力」講座の内容を体験できる「おためし教材」をプレゼント。