HLABと米国大使館、中高生向けに自宅にいながら留学とリベラルアーツが体験できるオンラインプログラムを開催

一般社団法人HLAB(本社・東京都渋谷区、代表理事・小林亮介、以下HLAB)は、昨年に引き続き在日米国大使館と連携し、リベラルアーツが体験できる“Liberal Arts HUT powered by U.S. Embassy(米国大使館) & HLAB” を開催することを発表した。

このプログラムは、イェール大学など米国名門大学に通う米国人学生による、少人数のセミナーを英語で受講できるほか、大学入学から現地での生活にまつわる話まで、アメリカ留学について幅広く学べるプログラムとなっている。

今年度はオンライン開催となるため、居住地域を問わず、中高生が自宅からより簡単にプログラムを体験し、さながら留学したような体験をすることができる。

「Liberal Arts HUT powered by U.S. Embassy(米国大使館) & HLAB」プログラム概要

プログラムでは、米国で行われているリベラルアーツ教育を受けている学生が講師として、彼らが学んでいる内容をセミナー形式で高校生に教えることで、リベラルアーツ教育に触れ、米国での学生生活を身近に感じてもらい、日本の高校生が抱く留学に対する高い敷居の解消と留学を後押しすることを目的としている。

また、HLABが設立当初より大切にしている、個々人がお互いに学び合うという 「ピア・メンターシップ」の概念のもと、講師と参加者が互いに議論していく中で、「多様な他者との出会いの中で個々が自身と向き合い、自由な生き方を追求するための教育環境」、すなわちリベラルアーツの考え方を習得する。

期間を通じて多様な学問分野に触れられる本プログラムは、この学びの場を創り上げる一端を担っている。

HLAB創立当初より行われている、サマースクール事業とレジデンシャル・カレッジ事業(下北沢教育寮)で磨いてきたリベラルアーツ教育や進路指導のノウハウと、米国大使館が広報・文化交流部での活動を通じて蓄積した留学に関する情報が集約されたことで、家にいながら「留学」を体験することが可能。

今年は、学生によるセミナーに加え、午後に留学体験談やノウハウをお伝えするInfo Session(説明会・座談会)も実施する。

開催日

2021年1月9日(土)、10日(日)、16日 (土)、17日(日)

開催時間

1月9日(土) 1月10日(日) 1月16日(土) 1月17日(日)
09:00~10:30 セミナー① セミナー③ セミナー⑤ セミナー⑦
10:45~12:15 セミナー② セミナー④ セミナー⑥ セミナー⑧
13:00~14:30 Info Session① Info Session② Info Session③ Info Session④
  • セミナーセッション:9:00~10:30、10:45~12:15
  • Info Session:13:00~14:30

全12セッションから好きなだけ選択できる。セッションの詳細はwebで今後公開予定。

使用言語

英語・日本語

※セミナーは原則英語で、バイリンガルの学生がサポート参加。※Info Sessionは日本語のみを予定している。

参加費

無料

各回ごとの定員

24名程度

参加資格

  1. 2021年1月1日時点で、日本の中学校に3年生として在籍していること。もしくは日本の高等学校、高等専門学校、インターナショナルスクールに在籍していること。
  2. プログラムの参加にあたって保護者の了承が得られていること。
  3. プログラム内の授業に真摯に取り組めること。

募集期間

先着順となり、定員に達し次第、受付を終了。

グッズや資料の事前配布を希望者は2020年12月31日(木)までにPeatixを通しての予約が必要。

空きがある場合には、希望するSessionの30分前までにPeatixを通しての予約が必要。

このプログラムの4つの特徴

1)米国大使館・HLABのコラボによる人気プログラム

2020年、200名以上の中高生に参加いただいた人気プログラムが今年はオンラインで開催される。

米国大学在学中、出身の学生とのコミュニケーションを通じて、よりリアルな体験をできる。

2)HLABサマースクールでも好評の「リベラルアーツセミナー」

リベラルアーツセミナーは、HLABのサマースクール中に海外大生が、大学での学びの世界に誘う少人数制の授業。

ハーバード大学のフレッシュマンセミナーを模した、文理の枠を超えたリベラルアーツの根幹となるプログラムであり、新しい興味分野を発見する機会になる。

3)Info Sessionによる、米国の大学生活の「リアル」

現在アメリカの高校・大学に留学している自分の少し先を行く先輩から、普段どの様な生活送っているのかリアルな声が聞ける。

日本人として渡米しているからこそ分かる、リアルな生活を聞こう。自分がロールモデルとしたい先輩に巡り会えるチャンスかも!

4)講師はトレーニングを受けた現役米国大学生

過去のHLABサマースクールにて、活躍した米国人大学生がセミナーの講師を務める。

名門大学に通うだけでなく、メンターとしても経験豊かな彼らと、一緒に授業を作りながら楽しく学ぶことができる。

予約方法

Peatixをとしてチケットを予約(Webに手順を掲載)

特設メールマガジンにサインアップすると最新情報が受け取れる。

HLABとは

HLABは「ピア・メンターシップ」の理念の下、既存の学問的コンテンツによる学びだけではなく、「人」から学び、「ピア」から刺激を受けて学び続けるための革新的な体験や空間、そしてコミュニティを設計している。

2011年より寮生活を再現したサマースクール事業を開始、毎年全国4箇所で開催し、のべ2,500名以上の高校生・大学生が参加。

2016年から長期的な居住を目的としたレジデンシャル・カレッジ(教育寮)事業を開始し、東京都や神奈川県にて寮を運営・設計している。