成蹊大学、オンライン授業の取り組みを紹介する特設サイトを公開

成蹊大学(東京都武蔵野市、学長:北川浩)は、2020年11月、オンライン授業の取り組みを紹介する特設ウェブサイトを公開した。

新型コロナの影響で2020年4月から実施中のオンライン授業について、各学部での取り組み事例や、学生・教員を対象に行った授業実施状況等についてのアンケート調査結果を掲載している。

日々のオンライン授業がどのように展開されているのか、教員と学生それぞれの視点から各学部の取り組み事例を紹介する。

2020年11月には第1弾として、文学部と理工学部の取り組みを公開。その他の学部も今後、順次公開していく。

アフターコロナの社会を見据え、オンラインの利点を生かしてより効果的な授業のかたちを模索し、あらゆる手段を駆使する教員の工夫や、オンラインの環境に積極的に順応してより良い学びにつなげる学生たちの取り組みを見ることができる。

また、学生と教員を対象に行った授業実施等に関するアンケート調査結果も掲載している。