エビリー、動画配信プラットフォーム「millvi」とオープンソースLMS「moodle」の連携プラグインの提供を開始

株式会社エビリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中川 恵介)は動画配信技術を活用し、効率的にオンライン授業が実施できるよう動画配信プラットフォーム「millvi(ミルビィ)」と学習支援システムであるオープンソースLMS「moodle(ムードル)」との連携プラグイン「millvi moodle plugin(ミルビィ・ムードル・プラグイン)」の提供を開始することを発表した。

「millvi moodle plugin」概要

新型コロナウイルス感染症の流行により、通学での対面授業が行えなくなった影響で国内にある大学ではオンライン授業が加速した。

株式会社エビリーは自社で持つ動画配信の技術を活用して、大学でのオンライン授業を効率化すべく、学習支援システムであるオープンソースLMS「moodle(ムードル)」とエビリーの製品である動画配信プラットフォーム「millvi(ミルビィ)」との連携プラグイン「millvi moodle plugin(ミルビィ・ムードル・プラグイン)」の提供を開始する。

主な機能

「millvi moodle plugin(ミルビィ・ムードル・プラグイン)」では、動画配信プラットフォーム「millvi(ミルビィ)」に従来から備わっている機能に加え、動画配信を利用したオンライン授業を効率的に行えるよう新たな機能を提供する。

動画の管理

動画の管理が一元化でき、「moodle(ムードル)」の管理画面から動画ファイルのアップロードが行えるなど、スムーズな運用を実現。

また「millvi(ミルビィ)」に実装している機能として、10種類のテンプレートから動画プレイヤーが用意されており、倍速機能やシーク機能が自由に設定可能。

動画の視聴履歴

動画コンテンツ別視聴履歴、科目別視聴履歴、教員別視聴履歴、ユーザー(学生など)別視聴履歴など様々な角度から分析することができる。

動画視聴の管理

動画配信によるオンライン授業では、ユーザー(学生など)が講義の動画を最後まで視聴したかを管理者(教職員など)が確認する必要がある。

「millvi moodle plugin(ミルビィ・ムードル・プラグイン)」では、動画視聴の完了有無を確認できるため、ユーザー(学生など)が受講している科目の評点といった活動状況と紐付けて管理することができる。

「millvi moodle plugin」を利用する学校法人早稲田大学 情報企画部 柴山 氏のコメント

今回、エビリー社による「millvi moodle plugin(ミルビィ・ムードル・プラグイン)」のご提供が開始となったこと心より歓迎いたします。

新型コロナウイルス感染症の流行により、早稲田大学では今年の春学期から全科目でオンライン授業を行ってまいりました。「millvi moodle plugin(ミルビィ・ムードル・プラグイン)」を利用することで、教員自身が簡単・安全に講義動画配信を行うことも可能になり、安定したオンライン授業を実現できました。

今後は通学での対面授業とオンライン授業を組み合わせた「ハイブリット授業」が進んでいくと考えており、教員が円滑に講義をできるようオンラインの配信環境を整える必要性がますます高まると予測されます。エビリー社には、「millvi moodle plugin(ミルビィ・ムードル・プラグイン)」のリリースを皮切りに、新しい配信技術や動画の活用事例を教育業界に導入していただく役割も期待しております。




ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。