電通・マイナビ・AtCoderの3社、日本における先端IT人材の不足解消を目的に業務提携契約を締結

プログラミングコンテストを運営するAtCoder株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:高橋直大、以下AtCoder)と、株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する就職情報サイト『マイナビ』と株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長:五十嵐博)は、国家課題となっている先端IT人材の採用・育成の分野において、各社の保有する人的資源、知的資源等を活用し連携・協力することによって、日本における先端IT人材の不足を解消することを目的とした業務提携を締結したことを発表した。

その取組みとして、先端IT人材として活躍が期待される競技プログラマーの就職・採用を支援するプロジェクト「AtCoder Career Design」を11月30日に開始する。

AtCoder・マイナビ・電通の連携概要

背景

世界中の企業で高度なスキルをもつプログラマーの需要が高まっている一方、2030年には先端的なスキルを持つIT人材は約45万人不足すると推定されている(※経済産業省「IT人材需給に関する調査」)。

社会全体のデジタルトランスフォーメーション(DX)化が加速し、先端IT人材の採用・育成が日本においても喫緊の課題になっている。

業務提携の目的

AtCoderのプログラミングコンテストで活躍する日本人競技プログラマーは、難関大学の情報系・理系学生が多く、先端的な研究開発を行うスタートアップ企業などで目覚ましい活躍を遂げている。

その卓越したプログラミング能力にIT業界、金融業界、物流業界などの多くの企業から注目が集まっている。

また競技プログラマーの実力を示す「AtCoderレーティング」は、ITエンジニア採用時にプログラミングスキルの実力証明として、IT業界ではデファクトスタンダードとして用いられている。

このプロジェクトでは、AtCoderがもつ人材プラットフォームと、マイナビがもつ学生・企業ネットワークを掛け合わせ、電通がコミュニケーション全体のビジネスプロデュースを行うことで 、先端IT人材の担い手となる競技プログラマーの就職支援と、企業の競技プログラマー採用支援の両面から、先端IT人材不足の解消を目指す。

アクション

  • 競技プログラマー向けの就職支援サイト「AtCoder Career Design」
  • AtCoderが開催するコンテストの販売
  • 検定公式検定本の出版(マイナビ出版より)
  • 合同説明会等の就職支援サービスの共同開発
  • 学生に向けたキャリアガイダンス