認定NPO法人カタリバと大和ネクスト銀行、定期預金を活用したこどもの教育支援を12月1日から開始

認定NPO法人カタリバ(以下、カタリバ)と株式会社大和ネクスト銀行(以下、大和ネクスト銀行)は、定期預金を通じて「こどもの教育支援」に取り組むことについて合意したことを発表した。

カタリバは、生まれ育った環境や家庭などの格差によってこどもたちの可能性が阻まれることのないよう、2001年から全国で教育支援を中心に多岐にわたる活動を行っている、東京都の認証を受けたNPO法人。

2020年からは、新型コロナウイルス感染症拡大に伴いオンラインを活用した教育が普及する中、家庭の経済的な理由によりオンライン環境がなく「学び」の機会を失ったこどもたちの教育支援を行っている。

大和ネクスト銀行は、この取り組みに賛同し、12月1日(火)に本取り組みを応援する専用定期預金を設定し、預金残高の一定割合を大和ネクスト銀行が活動へ寄付する。

「オンラインで子どもたちの教育支援 応援定期預金」概要

対象通貨

円 / 米ドル

預入金額

10万円以上 / 1,000米ドル以上

預入期間

  • 個人:3ヶ月 / 6ヶ月 / 1年
  • 法人:1ヶ月 / 3ヶ月 / 6ヶ月 / 1年 / 満期日指定(1ヶ月以上1年未満) ※満期日指定(1ヶ月以上1年未満)は円定期預金のみ。

大和ネクスト銀行は、本預金を通じて、SDGs(※)目標(1.貧困をなくそう、4.質の高い教育をみんなに、10.人や国の不平等をなくそう)の達成に向けて貢献している。

※SDGsとは、2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」。