ライフイズテック、奈良市の教員向けにEdTechを活用したプログラミング研修「ライフイズテック レッスン for Teachers」を実施

奈良市とプログラミング教育サービス事業を手がけるライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野雄介) は、 EdTechを活用した教員向けプログラミング研修「ライフイズテック レッスン for Teachers」を奈良市の教員向けに実施することを発表した。

奈良市とライフイズテックは、両者協力のもと、学校への教材提供だけではなく、教員のスキルアップやICTやプログラミング教育の授業サポートに注力していく。

まずは、先生自身が、オンラインのプログラミング教材「ライフイズテックレッスン」を活用し、プログラミングで「アイディアを形にすること」が学べる研修プログラムを提供。

この研修プログラムを提供することにより、先生が得た知見を生かし、各学校でプログラミング学習を通じた「地域課題を解決するIT人材」育成につながる授業づくりを行うことができる。

「ライフイズテック レッスン for Teachers」提供の背景

新型コロナウイルスによる休校措置などの影響を受け、ICTの活用により全ての子供たちの学びを保障できる環境を早急に実現するため「1人1台端末」の早期実現や、通信環境の整備など、「GIGAスクール構想」が加速する中、教材や学びのコンテンツとしてEdTechにも注目が集まっている。

一方、 教える側の先生へのサポートは十分とはいえない。

プログラミング必修化、ICTの導入など教員の理解やスキルアップへの環境サポートが重要との考えのもと、奈良市と組み、本プログラムの提供に至った。

このプログラムはICT指導に関する研修に加え、教員がプログラミングの仕組みを学び、自分でテーマを設定し、webサイトを作る体験を通して「地域課題を解決するIT人材」を授業の中で育成する方法やその前提となる学習観を習得してもらう。

ライフイズテックでは研修後も教材提供や継続的なオンラインフォローも継続的に行い、奈良市の先生の授業をサポートしていく。

奈良市教育委員会 北谷 雅人教育長コメント

今後到来するSociety5.0社会では、社会の在り方が劇的に変わり、予測困難な時代を子供たちは生きることになると言われていましたが、新型コロナウイルスにより、その変化が一気に加速しました。変化を前向きに受け止め、主体的に課題解決に取り組み、最適解を生み出すことができる、そのような力の育成が謳われています。

こうした中、学校教育の在り方を考えていくうえで、学校現場や教育行政は、答えのない問いに立ち向かう児童生徒をどのように育てるのかが問われています。今がまさに教育の変革期と捉え、今までの教育実践を大切にしつつ、そこにICTを最適に組み合わせ、PBLやSTEAM教育を取り入れることで、学びの深化・転換を行い、新しい「学びのスタンダード」の構築を目指したいと考えます。

奈良市教育委員会 学校教育課 情報教育係 島崎雅行氏コメント

主体的に課題解決に取り組み、最適解を生み出すことができる力を持った子供たちを育成するために、教員がこれまでとは異なる授業をデザインする必要があります。新しい授業デザインを生み出すための教員むけ研修の一つがライフイズテック社の提供する「ライフイズテック レッスン フォーティーチャーズ」です。

プログラミングによって、児童生徒にどのような力をつけることができるかを、教師自身が実際に体験を通し検証することによって、「プログラミング的思考力」の育成や自らの課題解決への手法を導くことができると考えます。

「ライフイズテック レッスン for Teachers」概要

  1. 必須項目:IT人材育成の理念
  2. 必須項目:授業でのオリジナルweb制作について
  3. 選択応用:先生のオリジナル開発体験
  4. 選択応用:開発発表

「ライフイズテックレッスン」の特長

  • 個別最適の授業を実現:一斉授業ではなく、生徒がそれぞれのペースで学習可能
  • コーディングを楽しく学べる:エピソードに合わせて、課題が出題、作品作りを通して学ぶ
  • 授業準備の手間がかからず、導入環境や設定もシンプル
  • 進捗管理画面、指導案、補助教材、小テスト、評価指標などの先生向け授業支援ツールも提供
  • プログラミング必修化を背景にした中学技術科、⾼校情報科の新学習指導要領にも対応