LINEみらい財団が文部科学省のLINE公式アカウントに学習コンテンツを追加、「LINE study」としてリニューアル

LINE株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤剛)は、CSR活動の一環として取り組んできた一連の教育活動における知見やノウハウをより広域的・永続的な活動とするため、一般財団法人LINEみらい財団(所在地:東京都新宿区、代表理事:奥出直人、江口清貴、以下LINEみらい財団)を2019年12月に設立し、情報モラル教育やプログラミング教育の充実に向けた活動等に取り組んでいる。

今回LINEみらい財団は、文部科学省に協力し、小中学生・高校生のオンライン学習を支援するため、文部科学省のLINE公式アカウント「文部科学省 子供の学び応援」に学習動画などのオンライン学習コンテンツを追加したことを発表した。

また、あわせて、このアカウントをオンライン学習ができるアカウントとして「LINE study」に新たに追加した。

文部科学省のLINE公式アカウント「文部科学省 子供の学び応援」概要

文部科学省では、新型コロナウイルス感染症の影響を受け学習機会が減っている児童や生徒を支援しようと、文部科学省の「子供の学び応援サイト」にアクセスできるLINE公式アカウント「文部科学省 子供の学び応援」を2020年4月に開設している。

今回、そのLINE公式アカウントに、無償で利用できる算数・数学の学習動画約500本や全国学力・学習状況調査の過去問題を追加し、より気軽に、LINE上でいつでもどこでも学習できるようにリニューアル。

追加コンテンツ

  • 全国学力・学習状況調査(令和元年度)の問題、回答、解説
  • 小中学生・高校生向けの算数・数学の学習動画505本

動画の対象内訳

  • 小学生対象72本(京都教育大学 提供)
  • 中学生対象115本(京都教育大学 提供)
  • 高校生対象318本(公益財団法人 日本数学検定協会 提供)

また、LINEみらい財団は、ICT教育の発展や学習ツールとしてのLINE活用を推進するため、オンライン学習サービスを提供しているLINE公式アカウントを「LINE study」として認定している。

今回、文部科学省のLINE公式アカウントに学習コンテンツが追加されたことを受け、このアカウントを「LINE study」の1つに追加し展開していく。

LINEみらい財団は今後も、多くの若年層に日頃から利用されている「LINE」をひとつの学習ツールとし、いつでもどこでも、自分の好きな場所・タイミングで学べるオンライン学習を充実させていくため、文部科学省や関係企業・団体等と協力しながら取り組みを進めていく。