文響社と東京大学、共同研究で「うんこドリル」による学力向上・学習意欲向上を実証

株式会社文響社(東京都港区虎ノ門、代表:山本)は、文響社が刊行する「うんこドリル」のユーモア・笑いが子どもたちの学習にどのような影響を与えているかを科学的に検証するため、東京大学(池谷裕二教授)と共同で実証実験を実施した。

その結果、うんこではないドリルで学習した場合と比較して成績の上昇率が約60%高くなり、学力・学習意欲が向上することが実証されたことを発表した。

2017年の「うんこドリル」シリーズ発売以来、読者の保護者から「勉強しなかった子どもが興味を持って勉強するようになった」「通常のドリルよりも集中して取り組み、成績が上昇した」などの意見が数多く寄せられていた。

これらの声を受けまして、勉強における「うんこ」のユーモア・笑いの要素が、子どもの学力と学習意欲の向上に一定の効果があるのではないかという気づきを得ていたという。

今回の結果を得て、文響社ではより一層楽しく、学習に資するドリルを提供していくことで、より多くの子どもの学びに引き続き貢献してまいりたいと考えている。

「うんこドリル」を使用した実証実験の概要1

小学3年生32名を対象に、「うんこドリル 漢字」とうんこではないドリルを使用して、下記の実験を行った。

  1. 事前テスト(未習漢字の基礎定着を調査):50字
  2. 「うんこドリル」で漢字の学習:25字
  3. うんこではないドリルで漢字の学習:25字
  4. 確認テスト(学習定着度を調査):50字

※1・4のテストは同内容、2・3で学習する漢字50字がランダムに出題。2・3の実施順は16名ずつ入れ替え。また、実験中は教室に定点カメラを設置し、集中力の推移を計測した。

結果

(1)「うんこドリル」で学習した場合の成績の上昇率は、うんこではないドリルで学習した場合と比較して約60%高いという結果に

実験前と実験後に実施したテストの点数を比較。

読み

  • うんこではないドリルで学習した場合の正答率上昇 5%
  • 「うんこドリル」で学習した場合の正答率上昇 8%

「うんこドリル」で学習した場合、正答率の上昇幅が大きく、その効果が認められた。

書き

  • うんこではないドリルで学習した場合の正答率上昇 8%
  • 「うんこドリル」で学習した場合の正答率上昇 10%

正答の絶対数が少なく、大きな差は見出すことができなかった。

(2)「うんこドリル」で学習した場合の集中力の高さが実証

定点カメラの撮影により、集中力の推移を計測。

「うんこドリル」においては全体として体の動きが少なく、早い段階から紙面に集中して取り組んでいると考えられる。

実施日

2020年9月19日(土)・20日(日)

「うんこドリル」を使用した実証実験の概要2

小学3年生8名を対象に「うんこドリル 漢字」とうんこではないドリルを使用して、未習漢字の閲覧をそれぞれ10分間ずつ行った。

脳波計を用いて、閲覧時の脳波測定を行った。

結果

「うんこドリル」を閲覧した場合のベータ波・スローガンマ波が大きく増強

「うんこドリル」を閲覧したときのベータ波が大きく増強していることから、脳が刺激を受け、活発に動いていることが確認できる。

脳は刺激を受けているときの方が記憶の定着がより図れることから、「うんこドリル」が記憶の定着により効果的であることが確認された。

また、スローガンマ波が増強されていることから、知識や記憶を呼び覚ましていることが確認できる。

「うんこドリル」による学習が、学習した内容を呼び出すために効果的であることが確認された。

実施日

2020年8月2日(土)

実証実験の考察

東京大学 薬学部 池谷裕二教授

教育において、ユーモアは学生を学習内容に注目させるために広く用いられます。先行研究によれば、ユーモアを含む教材では、ユーモアのない教材を用いたときよりも学習成績が高くなる傾向があることが示されていました。これらの結果は、ユーモアによって学生の注意力がより強く喚起されることで生じたものと考えられますが、ユーモアと注意力の関係を示す直接的な証拠は示されてきませんでした。そこで本研究では9~10歳の子どもを対象に、電気生理学的アプローチを用いて、ユーモアが注意力に及ぼす影響を評価することとしました。

本研究では、ユーモアが脳波と記憶に及ぼす影響を統合的に検討しました。心理学の分野では、ユーモアが学習促進に役立つことが提唱されていますが、ユーモアが学習における集中力にどのような影響を与え、学習を促すのかについてはほとんど知られていません。しかし、記憶のエンコーディングにおいて遅いγ帯域の脳波が増加することが報告されていることと、今回我々が示した結果から、ユーモアは遅いγ波を増強することで学習促進に有用であることが示唆されます。

さらに、ユーモア刺激によるβ波強度の増加も観察されました。β波の活動は視覚的注意と関連していることが知られていること、集中力の程度は体の動きで評価できることから、本研究の結果からは、ユーモアがβ波強度の増加を介して集中度を高めている可能性が考えられます。

これらの結果は、ユーモアが学習に良い影響を与えるというinstructional humor processing theoryを支持するものです。