ユニティとPsychic VR Lab、xR時代のあたらしい表現の学校「NEWVIEW SCHOOL」の教材を活用した教育機関向けカリキュラム提携事業を共同で展開

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:豊田 信夫)と、VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を提供する株式会社Psychic VR Lab(本社:東京都新宿区 代表取締役:山口征浩)は、Psychic VR Labが主催の、xR*を総合芸術として学べるあたらしい表現の学校「NEWVIEW SCHOOL(ニュービュー・スクール)」の教材を活用した教育機関向けカリキュラム提携事業を共同で開始することを発表した。

*xRとは、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)などの現実世界と仮想世界とを組み合わせて新たな体験を提供する技術の総称。

NEWVIEW SCHOOL カリキュラム提携 パッケージメニュー

  • 3ヵ月(週1全10回)カリキュラム設計 ※応相談
  • Psychic VR Labがユニティと共同で開発しているVR/AR教材の選定・提供
  • 外部講師・テクニカル講師のアサイン
  • 講義(状況次第で、オフライン可)
  • テクニカルサポート
  • 卒業作品は株式会社Psychic VR Labが主催のコンテスト「NEWVIEW AWARDS」へ応募

Unity Academic Alliance UAA契約認定校向け:別途特別提案が用意されている。

教育機関における準備物

  • Zoomなどのオンラインツール(オフラインであれば会場)
  • 学生との連絡ツール
  • STYLYに対応したUnityのインストール ※PC(推奨スペック
    • VRの場合:VRHMD / ARの場合:スマートフォン ※VR/AR両方の場合はどちらも。
  • 機材レンタルも可(追加費用発生)

背景

これから様々な業界で需要が高まるxR市場において絶大なシェアを誇るUnityがプログラムを監修することにより、第一線の現場で通用する人材を育成する。

このカリキュラムを導入すると、ユニティ監修のxRに特化したテクニカル教材を活用したSTYLY&Unityの学習や、「NEWVIEW SCHOOL」でも教鞭を執るゲスト講師による表現に関する講座など、各種教育機関向けに最適化したカリキュラムの設計から講義の運営、サポートまで一気通貫で対応可能。

現段階でデジタルハリウッド(専門スクール)、専門学校札幌デザイナー学院、専門学校ITカレッジ沖縄の3校で導入が決定している。

ユニティとPsychic VR Labとは、この事業を通じてSTYLY / Unityを活用したxR時代を彩るアーティストの発掘・育成を目指していく。

 


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。