レノボ・ジャパン、教育関係者向けオンラインシンポジウム「レノボが現役高校生と考えるSTEAM教育のこれから」を12月5日に開催

レノボ・ジャパン合同会社(本社東京都千代田区、代表取締役社長デビット・ベネット、以下レノボ)は12月5日(土)、教育関係者向けに、STEAM教育推進に向けた校内・校外学習融合への提言をオンラインシンポジウムにて行うことを発表した。

オンラインシンポジウム「レノボが現役高校生と考えるSTEAM教育のこれから」概要

COVID-19によるパンデミックの中、日本の学校教育現場におけるデジタル化の遅れと、家庭におけるリモート学習環境の脆弱さが露呈してきた。

一方で、高校向けGIGAスクール構想の本格化、「情報」の入試教科採用など、授業や進路指導におけるSTEAM教育への取組が、先生はじめ教育関係者の焦眉の急となりつつある。

中高生による国際ロボコンチーム「SAKURA Tempesta」のメンバーであり、緊急事態宣言下に独力で800個のフェイスシールドを製作し医療現場を支援した渋谷教育学園幕張高等学校1年生 立崎乃衣さん。

彼女が感じる問題意識と体験、および彼女を育んだ環境を題材に、パネルディスカッションによりSTEAM教育推進に向けた校内・校外学習融合への提言を図る。

開催日時

2020年12月5日(土)11:00 – 12:00

開催場所

オンライン

参加費

無料(事前登録制)

パネリスト(敬称略)

  • 渋谷教育学園幕張高等学校1年 立崎 乃衣
  • 渋谷教育学園幕張高等学校教諭 後藤 聡
  • 千葉工業大学未来ロボット技術研究センター 富山 健
  • レノボ・ジャパン合同会社代表取締役社長 デビット・ベネット
  • NPO法人CANVAS代表/慶應義塾大学教授 石戸 奈々子(モデレーター)

立崎乃衣さん略歴

小学3年時からロボット製作を開始し、中高生国際ロボコンチーム「SAKURA Tempesta」 に所属しロボットの設計を担当。

今年、中学3年春休み時に、コロナ禍の医療機関支援のため3Dプリンタによるフェイスシールド製作に着手、800個を一人で設計・製作・配送するという活動を行った。

石戸奈々子さん略歴

東京大学工学部卒業後、マサチューセッツ工科大学メディアラボ客員研究員を経て、NPO法人CANVAS、株式会社デジタルえほん、一般社団法人超教育協会等を設立、代表に就任。

慶應義塾大学教授。総務省情報通信審議会委員など省庁の委員多数。NHK中央放送番組審議会委員、デジタルサイネージコンソーシアム理事等を兼任。政策・メディア博士。

著書に「子どもの創造力スイッチ!」、「日本のオンライン教育最前線──アフターコロナの学びを考える」など多数。

対象者

STEAM教育を担当・推進する教育関係者