世界最大の女子中高生向けアプリコンペ「Technovation Girls」日本からの参加者募集を開始

「IT分野のジェンダーギャップを解消すること」をミッションとする一般社団法人Waffleは、アメリカのNPO「Technovation(テクノベーション)」が主催する、10〜18歳の女性を対象とした社会課題解決のためのモバイルアプリコンテスト「Technovation Girls(テクノベーション・ガールズ)」の日本からの参加者を募集することを発表した( 個人、チームでの応募が可能)。

次世代の女性IT起業家を育成することを目的とした「Technovation Girls」は、3ヶ月のチームワーク形式のコンペであり、2010年より今までに世界100か国以上、50,000人の女子生徒が参加してきた。

Waffleは日本リージョン公式アンバサダーとして、日本チームの出場を支援する。

Technovation Girls(テクノベーション・ガールズ)とは

「Technovation Girls(以下、本コンペ)」は、アメリカのSTEM教育NPO「Technovation」が2010年から主催している10〜18歳の女性を対象としたアプリコンテスト。

1チーム1〜5人の学生チームが3ヶ月間の本格的な制作期間のもと、身近な課題を解決するアプリ及びビジネスプランを開発し、アイディア・ピッチ(プレゼン)・技術力・起業家精神の4つを競い合うチームワーク形式のコンペである。

各チームには2人のメンターがつき、デザイン思考やプログラミングスキルなど「IT起業家」に求められるスキルを総合的にサポートし、制作を伴走する。

また、本コンペは次世代のIT起業家やリーダーを育成することを目的としており、世界最大規模の10代女性のためのテクノロジー教育プログラムである。

過去参加者への調査から、「コンピューター・サイエンス」「ビジネス・リーダーシップ」「起業家精神」の3点において参加学生の自信を向上させる効果があるとされている。

日本からの参加希望者へのサポート

本コンペは公式情報から提出物に至るまで全て英語で運営されており、Waffleが日本リージョン公式アンバサダーとして日本からの参加者サポートを取りまとめている。

Waffleでは2017年より参加チームの支援を開始し、過去にセミファイナリスト(上位5%のチーム)も輩出している。

Waffleから学生への主な支援として、

  • 本コンペへの参加登録
  • ビジネスワークショップ等の企画・提供
  • 社会人メンターの提供

など、コンペ提出までのあらゆるサポートを行う。また、参加登録時点でチームメイトがおらず、1人で参加を希望する学生へのチームのマッチングも行う。

過去参加者の作品

過去参加者の声

  • 「アプリの背景にあるビジネスやお金の回し方などを自分たちで考えることで、現実世界での経済の仕組みを理解するのにつながった。また、コードを書く時に、どのようなプログラムにしたらうまくいくのかなど、プログラミング思考を養うことができた。」
  • 「今回習得したスキルを使ってこれからもコーディングを続けたい。さらにチームで学んだそれぞれの役割や計画をしっかり立て、これからはそれぞれの意味を最大限に発揮したい。」
  • 「全て英語でビジネスプランを書かないといけないので、英語力アップや達成感につながった」

Technovation Girls 2021 日本リージョン概要

日本リージョン参加者条件

  • 世界を変えるために成長する意欲があること
  • 2021年8月1日時点で中学2年生〜高校3年生であり、女性アイデンティティをもつこと
  • 2021年1月から4月の3ヶ月間に合計30時間ほど、オンライン環境での活動時間を確保できること
  • 日本語が話せること

参加登録後のスケジュール

詳しくは説明会にて説明される。

  • 2021年1月11日から4月18日:チーム制作期間
  • 2021年4月19日:提出締め切り
  • 2021年5月25日:ファーストラウンド審査結果発表
  • 2021年6月16日:セカンドラウンド審査結果発表
  • 2021年8月:ワールドサミット(オンライン開催)

日本リージョン参加者説明会

参加希望の方はいずれかの日程の説明会に必ず出席すること。いずれの日程も内容は同じ。

  • 日時:2020年12月19日(土)16:00〜17:00 または 12月20日(日)16:00〜17:00
  • 場所:オンライン