RyukyuGaming、学校法人KBC学園 未来高等学校沖縄のeスポーツチームを支援

アディッシュプラス株式会社(本社:沖縄県那覇市、代表取締役 石川琢磨、以下アディッシュプラス)がスポンサーを務め、運営を支援しているeスポーツチーム「RyukyuGaming」の取り組みのひとつとして、高橋佑明氏(サモナーネーム:takahashiEX)をコーチに招き、KBC学園 未来高等学校沖縄 ゲーム部「IDA Gaming」チームの生徒達の挑戦を支援することを発表した。

チーム「IDA Gaming」支援の背景

RyukyuGaming(*1)は、eスポーツ(*2)の特徴である年齢/性別/障害/時間/場所を超越する「5LESS」という思想に共感し、今後のeスポーツ市場が健全に発展、青少年の健全なインターネット利活用の推進にeスポーツを通じて寄与する活動をおこなっている。

*1 RyukyuGamingは、スポーツを通じて社会全体の課題解決に取り組んでいく、ネットいじめ対策、ICTリテラシー教育を提供しているスクールガーディアン事業のミッション「子どもが健全にソーシャルメディアを活用する世の中」の実現を目指し、今後のeスポーツ市場が健全に立ち上がっていく為の支援、具体的には選手の育成、プロチーム運営、選手のキャリアパス構築などの活動を積極的に実施していく。

*2 eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)は、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉えている(出典:一般社団法人日本eスポーツ連合)。

その活動の中で、自らゲーム部を立ち上げ、全国高校対抗eスポーツ大会「STAGE:0(ステージゼロ)」や全国高校e-sports選手権に挑戦しようと試行錯誤するKBC学園 未来高等学校沖縄の生徒達と出会った。

League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド) (*3)でプレイヤーとして成長していくためには、非常に多くの知識が求められ、KBC学園 未来高等学校沖縄も部活動としてeスポーツチームを運営することは初の試みであり、適切な指導者がいないという課題があった。

*3 League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)は、ライアットゲームズが開発した基本プレイ無料のマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)ジャンルのコンピューターゲーム。2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲームです。eスポーツの代名詞として世界中でプロリーグが開催されており、毎年行われるeスポーツ最高峰の世界的祭典「League of Legends World Championship(WCS)」では総視聴者数9,960万人を記録するなど大きな注目を集めた。

この課題を解決する取り組みとして、RyukyuGamingが高橋佑明氏(サモナーネーム:takahashiEX) (*4)をコーチに派遣、League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)でプレイヤーとして成長していくために必要な知識を生徒達に共有、指導することで、生徒達のレベルアップ、大会で結果を残すことを目指す。

*4 高橋佑明氏(サモナーネーム:takahashiEX)は、愛媛大学工学部に在学中であり、Season8(平成30年)プレシーズンより、League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)を始め、開始半年という短い期間で、Diamond4(上位2.01%)を達成、Season9(平成31年)には、Master1(0.05%)を達成するなど、学業の傍ら高いポテンシャルと幅広い知識を兼ね備えている。

チーム「IDA Gaming」今後参加予定の選手権

高橋佑明氏による指導のもと、部活動、eスポーツチームとして生徒達のレベルアップを図りながら、2020年11月7日より開催された「第1回U19eスポーツ選手権」や、2020年12月5日より開催される「第3回全国高校e sports選手権」に、チーム「IDA Gaming」が挑戦する。

活動報告は、「RyukyuGaming」の公式TwitterKBC学園 未来高等学校沖縄のFacebookなどで行っていく。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。