小田急電鉄ら、下北沢のまちをキャンパスにした居住型教育施設「SHIMOKITA COLLEGE」を12月1日開業

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区、取締役社長:星野晃司 以下「小田急電鉄」)、UDS株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:黒田哲二 以下「UDS」)、株式会社エイチラボ(東京都渋谷区、代表取締役社長:小林亮介 以下「HLAB」)は、三社協働で計画する居住型教育施設の名称を「SHIMOKITA COLLEGE(シモキタカレッジ)」に決定し、12月1日に開業することを発表した。

また、2021年4月の開校に向けて11月16日から「1期生」の募集を開始する。

「SHIMOKITA COLLEGE(シモキタカレッジ)」概要

狙い

小田急電鉄が開発を進めるエリア「下北線路街」に開業するこの施設は、多様な背景をもつ居住者がそれぞれの高校・大学・職場などでの経験を持ち寄って学び合う居住型の教育施設。

施設のみならず下北沢周辺エリアをキャンパスに見立てることが特徴で、居住者が日々の生活や地域・企業との関わりの中で成長していくきっかけをつくるとともに、下北線路街をはじめとしたまちの活性化にも寄与することを目指す。

施設の位置づけ

本施設を第一弾として、居住型教育施設をさまざまな都市に展開しながらネットワーク化することを見据えた「NODE CAMPUS PROJECT」を始動する。

このプロジェクトは、「下北線路街」の開発主体であり、本施設の事業を統括する小田急電鉄と、まちづくりに寄与する施設の企画・設計・運営を手がけるUDS、多様な人が集い学び合う体験や空間を提供する教育事業を展開するHLABが、それぞれの強みを活かして三社協働により取り組んでいく。

特徴

本施設の運営には、HLABが過去10年間にわたり、国内外のトップスクールとの協業と、多様な学びの体験や空間を提供する教育事業を展開する中で培ったノウハウを元に開発した「HLABカレッジ・レジデンシャル・プログラム」が導入される。

従来の学生寮と異なり、選考された高校生から社会人までが一緒に住みながら、2年間(高校生は3ヵ月間)の多様なプログラムを通して、互いから学び合う。

コロナ禍で、大学キャンパスにおける交流を通した学びの機会や働き方に変化が生まれる中、生活と重ね合わせた新たな学び合いの場を提供していく。

1)交流と学び合いを生む仕組み

学びの場として一番重要な「交流や学び合いが自然に生まれる文化」を育む空間や仕組みを採り入れている。

具体的には、食堂やラウンジをはじめとする共有スペースを各フロアの居室への導線上に配置することで交流が生まれやすい空間設計を実施。

また、年長者によるメンター制度をはじめ、キャリアや研究について相談ができるアドバイジングなど、交流を通して学びが深化する仕組みを展開する。

2)教育プログラムとしての共同生活

定期開催するワークショップや、外部ゲストを招くフォーラムをはじめ、カレッジ運営のルール決めや行事の運営にあたる自治会活動、互いの専門領域を教え合う「リベラルアーツ・セミナー」など、共同生活を通して居住者が互いの関心事や専門性から学び合う教育プログラムを構成する。

多世代との交流や他者との共同生活の中で知識・技能の応用力、問題発見・解決に挑む力、そして主体的なリーダーシップを育む。

3)地域と連携し、新たな価値を共創するプロジェクト

下北沢という文化と多様性の豊かな地域に根ざした施設として、各々の問題意識をプロジェクト化して周辺地域に貢献する活動などに取り組んでいく。

現在募集中の共にプロジェクトに取り組む「地域連携パートナー」と協力して地域の発展に取り組んでいく。

1期生募集について

本施設は、2020年12月1日に開業し、トライアル入居を開始する。

12月から順次、共同生活の中心となって運営の仕組みをつくりあげていく0期生(30名程度)が入居したのち、2021年4月に 1期生を迎えて開校する(0期生の募集および選考は終了している)。

1期生(大学生・若手社会人40名程度)の募集は2020年11月16日に開始し、入学者は書類選考と面接選考を実施して決定する。

なお、2021年度には高校生の受け入れを開始し、2022年には高校生、大学生、社会人が入居する本格開校を予定している。