ウィザスと学校法人柏専学院の「ネットの大学 managara」文部科学省より設置認可を受け2021年4月開設へ

新潟産業大学(所在地:新潟県柏崎市、学長:星野三喜夫)を設置する学校法人柏専学院は、2018年8月、総合教育サービス企業の株式会社ウィザス(所在地:大阪府大阪市、代表:生駒富男)と業務提携を締結した。

以降、相通じる理念のもと両者がこれまで培ってきた教育ノウハウを活用し、高大連携を含め新たな教育機会の提供等を目指し、推進してきた。

その一環として、「ネットの大学managara(新潟産業大学経済学部経済経営学科通信教育課程)」の2021年4月の開設に向けて両者連携のもと準備を進めていたが、今回2020年10月23日付で文部科学大臣より正式に設置認可を受けたことを発表した。

「ネットの大学managara」では、大学生活のすべて、また、大学卒業・学士号取得(経済経営学士)がオンライン上で完結するという、時代に即した学びのスタイルを提案する。

新潟産業大学がこれまで取り組んできた「地域実践教育~地域に学び・地域をおこす~」を、株式会社ウィザスがこれまで取り組んできた通信教育・ICT教育のノウハウを生かし、より深く、より広い学びとして実現する。

withコロナ時代における新しい生活様式の中で、高校生の新しい進路選択として、また、社会人・シニア層の学び直しとして、「いつでも」「どこでも」「だれでも」時間と場所に縛られることなく何かをし「ながら」大学卒業を目指していただける、新しい大学のカタチを目指していく。

「ネットの大学managara」概要

managaraSTYLE

「ネットの大学managara」は、講義をはじめとする大学生活のすべてをネット上で完結するという、時代に即した学びのスタイルを提供する。

通学(スクーリング)の必要がなく、好きな時に好きな場所で、スキマ時間に講義を受講できるため、無理なく大学卒業・学士号取得を目指すことが可能。

テクノロジーを活用することで、学ぶ意欲のある人が「だれでも」、「いつでも」「どこでも」学ぶことのできる環境を提供したい。その想いから「ネットの大学(通信教育課程)」を設置するに至った。

学びながら働き、働きながら学ぶ。学びながら夢を追い、夢を追いながら学ぶ。

働きながら、夢を追いながら、世界を訪れながら、趣味に没頭しながら、家業を継承しながら…。

これから訪れるのは、テクノロジーを活用することで得られる「ながら学び」の時代である。

ブランド名「managara(マナガラ)」にそのような想いを込め、みなの学ぶ意欲に応えていく。

※「ネットの大学」は、学校法人柏専学院の商標登録。

設立背景

1)学校法人柏専学院と株式会社ウィザスの業務提携

学校法人柏専学院は、教育現場における新たな価値の創造を目指し、通信制・単位制高校「第一学院高等学校」を運営する株式会社ウィザスと業務提携を行った。

相通じる教育理念のもと、両者がこれまで培った教育ノウハウ、教育人材、教育コンテンツ等の経営資源を活かし、新たな価値教育機会の提供を目指す。

デジタル社会が爆発的に発展し、教育分野においてもEdTech(教育:Education×テクノロジー:Technology)が推進されオンラインを活用した学びが普及しているにも関わらず、学ぶ意志を持ちながらも様々な事情で大学に通うことが叶わない多くの人々に、教育の現場に携わる者として、どうにかして学ぶ側の事情に即した学びの環境を提供したい。

その想いから、両者の協業プロジェクトとして、ネット・テクノロジーを活用した通信制課程を設置するに至った。

2)ウィズ/アフターコロナ社会で勢いを増す「学び方改革」

2020年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、新しい生活様式が浸透しつつある。

働き方に関するイノベーションが加速し、多くの企業が「テレワーク」を採用。

教育の現場でも、対面の指導からオンラインでの指導対応を余儀なくされたことは記憶に新しく、現在でもオンラインでの学びが継続している状況もある。

また、政府は未来社会のコンセプトとして、「Society5.0」、すなわちAIやロボットの力を借りて人間がより快適に活力に満ちた生活を送ることのできる社会を提唱している。

そのような「超スマート社会」時代に生きる子供たちの目指すべき未来を見据え、文部科学省は「GIGAスクール構想」を提示、また、経済産業省では、EdTech等による新たな教育プログラム開発のために「未来の教室」という実証事業を実施している。

各省庁が連携し、学びの場でも社会の変化に合わせた「令和の教育改革」が着々と進められている中、学校法人柏専学院でもテクノロジーを活用し、学ぶ意欲のある人に「いつでも」「どこでも」学ぶことのできる環境を提供していく。

3)経済学部・経営学部のニーズの高まり

経済学部および経営学部は元々人気の高い学部だが、ここ数年で更にそのニーズが高まっている(図3・図4:日本私立学校振興・共済事業団「私立大学・短期大学等入学志願動向」による「主な学部別の志願者・入学者動向」より抜粋)。

志願者を伸ばしている要因の一つに、経済学・経営学共にその知識が仕事と密接に関係しており、社会に出た際即戦力として期待できることから就職で有利になる点が挙げられる。

経済学部および経営学部のニーズが高まる一方、「ネットの大学managara」と類似の経済学分野の通信制大学は日本に4大学、経営学分野の通信制大学は3大学しかない。

その中で、「ネットの大学managara」同様ネットだけで卒業を目指せる大学は、経済学分野はゼロ、経営学分野は1大学のみに留まっている。

通信制大学の経済学部および経営学部は充足しているとは言い難く、高まるニーズに応えるべく設立に至った。

特長

「ネットの大学managara」は、講義の受講からサークル、イベント、学生同士や教員・スタッフとの交流、就職活動まで、学生生活のすべてをオンライン上で実現。

通学不要、スクーリングなしのネット学習で、いつでもどこでも自分の時間を自由に使って学び、自分のペースで大学卒業・学士号の取得が目指せる。

1回10分程度の動画配信の講義を基本に、EdTechを活用した実践的な講義を準備。

オンラインミーティングシステムZoomを用いたグループワークやプレゼンテーション、ゲーミフィケーションを使用した経営シミュレーションゲームなど、ネット上で楽しみながらしっかりと学ぶことができる。

実社会が求める経済・経営分野の生きた知識が身に付く。

また、高校生にも進路選択の一つとして通信での学びを選択してもらいたい想いから、卒業後の進路に向けた各種支援(就職支援・キャリア支援等)も充実させていく。

これらはすべて、ネット上でのサポートを想定している。

授業料

また、より多くの人々の学ぶ意欲に応えるべく、授業料は年間30万円と、通学型の大学よりも学費を抑えめに設定されている。

学部紹介

「ネットの大学 managara」は、経済学部経済経営学科の中に、「経済学分野」と「経営学分野」を設けている。

経済学部経済経営学科経済学分野

経済学を学ばずに企業等を経営するのは、羅針盤を持たずに荒海に船を漕ぎ出すようなもの。

経済分析や市場理論を基礎から学び、実社会で役立つ応用力を具体的な事例を通して身につける。

経済学部経済経営学科経営学分野

企業経営は、人に喜ばれるものを見つけ出し、それらを人と協力しあいながら生産・販売し、購入した人に喜んでもらい、報酬を得るという行為。

この分野ではビジネスリーダーを育成する。また、企業活動の基礎となるマネジメント理論などを広く学ぶと共に、リーダーシップのあり方などについても学ぶ。

社会貢献3つのポイント

1)多様な学び方への貢献

海外留学しながら、芸能活動を行いながら、アスリートを目指しながら、働きながら。

いつでもどこでも、隙間時間を活用して学べる環境を提供する。

2)地方創生(地方の課題)への貢献

地元に残り、大学で学びながら家業を継承。地元に残って学びながら、地域経済活性化の一翼を担うことも。

「ネットの大学」は、地方の課題にも貢献する。

3)経済面(学費面)への貢献

学ぶ意欲にやさしい学費。学ぶ意欲のある人なら誰でも学べる環境を提供する。