シースリーレーヴ、ノーコードで作ったスマホアプリ「Web書道会」をリリース

NoCode(ノーコード)のAdaloを使ったノーコード開発を提供するシースリーレーヴ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:空野正輝)は、自社サービスの第二弾としてAirbnbでも人気の書道家伊東天真師範監修の元、オンラインで昇級・昇段試験が受けられるスマホアプリ「Web書道会」をリリースしたことを発表した。

Web書道会とは

Web書道会は、オンラインで昇級・昇段試験が受けられる基本無料のオンラインの書道会サービス。

書道歴40年以上の伊東天真師範の監修の元、試験課題の手本や採点を行う。

また、誰でも無料で漢字のお題を投稿し、書道家や書道家になりたい方が投稿しあうことで、一位を競い合う事ができる。

Web書道会の3つの特徴

  1. オンラインで昇級・昇段試験を受ける事ができる:8級から4級までの試験は無料、3級からは1回100円~の試験費用が必要。
  2. 試験の採点は、書道家が行う:初段以上の採点は伊東天真師範、初段以下は仙道準師範が行う
  3. お題への作品投稿で一位を狙う事ができる:誰でも無料でお題を募集出来て、投稿された作品からお題提供者が一位を選定する事ができる

監修 伊東天真師範の紹介

  • 書道「一心会」会長
  • 青硯書道会 同人 推薦位
  • 47年の書道教授経験
  • 書道教室: 虎ノ門、浅草橋、匝瑳市で運営
  • NPO語学教育支援協会理事長
  • ベトナムHIV陽性、貧困児童支援12年間継続中
  • Airbnb体験サイトで訪日外国人への書道体験を800名以上へ英語で提供中(評価4.98の世界トップレベルの高評価獲得中)

昇級・昇段試験の流れ

  1. 二ケ月に一度変わる試験課題の手本を見て、課題を提出。
  2. 二週間以内に、試験結果を合格者のみ通知される。
  3. 合格者のみ次の級・段にあがる。

昇級・昇段の種類

8級~1級、優級、準初段、初段~6段、準師範、師範格、師範

※3級以上は1回100円~試験費用が掛かり、Web版でクレジットカード払いにより試験の受講が可能。

最近話題のNoCode(ノーコード)開発とは

ノーコード開発とは、コードを書かずにスマホアプリやWebサービス等の開発をすることができ、Webサービスを得意とするBubbleや、スマホアプリを得意とするAdaloなど開発ツールがある。

従来のWebサービスやアプリ開発では数カ月から数年の開発がかかり、そのためリリースまでに膨大なコストと時間を費やす問題を抱えていた。

その問題を解決する一つとして、従来のシステム開発の数分の1のコストと時間で開発が可能なノーコード開発が最近話題となっている。

特に2020年の今年は、1月14日にGoogleがノーコードでスマホアプリを開発できるプラットフォーム”AppSheet”の買収の発表と自社サービスとしてのリリース、6月25日にはAmazon Web Services(AWS)がノーコードツール”Amazon Honeycode”の提供開始と、世界のIT大手のノーコードへの関心が高まっている。

日本でも6月に特別定額給付金WEB申請のためのシステムを加古川市の職員がノーコードツール”kintone”を用いて6日間で開発したことが話題となった。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。