STEAM教育分野の通信教育「ワンダーボックス」、BabyTech® Award Japan 2020で優秀賞を受賞

ワンダーラボ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:川島 慶)は、STEAM教育領域の通信教育「ワンダーボックス」が、BabyTech® Award Japan 2020 powered by DNP 大日本印刷(以下 BTAJ2020)「学びと遊び 部門」で優秀賞を受賞したことを発表した。

BTAJ2020審査委員からのコメント

  • 「商品開発が、こどもの実際の反応を観察して行われていることは納得性がある。アプリも完成度は高い。連続してやりすぎないように休憩時間を設定するなどきめ細かい。小学館とのコラボも楽しみ。」
  • 「今話題の非認知能力を高めるため要素が含まれ、将来性は非常に高い。steam教育をデジタルでもアナログでも体験できるところも魅力である。従来の教えるから考えるという時代の流れに乗っている教材であると思う。」
  • 「今の時代にあっている。本人の意欲、可能性を広げてくれるし、クリエイティブなことが気付けば学べていそう。プログラミングは、ぜひ学んで貰いたいが、親がまず分からないので、ありがたいシステム。」

BTAJ2020とは

IoT・ICT技術で育児をより安全安心、効率化をもたらす商品・サービスをベビーテックと呼び、近年欧米で拡大を続けている。

ここ日本でも、保育事業所での園児や従業員管理、健康状態管理などに有用であるとの評価のもと導入がはじまっており、今後ますます関心が高まっていく分野である。

日本唯一のベビーテック専門メディア「BabyTech.jp」を運営する、株式会社パパスマイルは昨年、国産ベビーテック商品やサービスを表彰する国内初のイベント「BabyTech Award Japan 2019」を開催。

25社30商品のエントリーを受け、6部門で大賞と優秀賞を選出し多くの反響を得た。

本年も「BabyTech® Award Japan 2020」として開催し、この分野の認知の向上と市場の拡大、プレイヤーの新規参入増加を目指していく。

2020年9月17日、冠スポンサーに大日本印刷株式会社が決定し、イベント名称が「BabyTech® Award Japan 2020 powered by DNP 大日本印刷」となった。

ワンダーボックスについて

2020年4月にスタートしたワンダーボックスは、毎月届くキット(パズルやワークブックなど)と、専用アプリを組み合わせて学ぶ、STEAM教育領域の新しい通信教育サービス。

常に10種類程度のコンテンツで構成され、プログラミング、アート、ボードゲーム、パズルなど、多種多様なテーマから子ども自身が興味関心に沿って自由に学ぶことができる。

既存の通信教育のように、教科学習の補助教材ではなく、子どもの意欲を引き出し、感性と思考力が自然と育っていくことを目的とした教材である。

多くのコンテンツが、ゆるやかな誘導を経て、最終的には正解のない自由な創作に行き着くように設計されている。

サービス開始から僅か半年余りで、キッズデザイン賞、グッドデザイン賞、BabyTech® Award Japanなど、数多くのアワードを受賞。教材としてのデザインやクオリティが高く評価されている。