建設システムと静岡大学、子どもたちをICTスクールエンジニアとして育成するオンライン教材『SE 検定 エンサップ』の研究を開始

施工管理ソフトの開発・販売を行う株式会社建設システム(所在地:静岡県富士市、代表取締役:重森 渉)は、静岡大学 教育学部 塩田真吾准教授(専門:教育工学・授業デザイン)と子どもたちをICTスクールエンジニアとして育成するためのオンライン教材“SE 検定『エンサップ』”の研究を2020年11月6日(金)より共同で開始したことを発表した。

「SE検定 エンサップ」共同研究の概要

現在進められているGIGAスクール構想には、様々な問題が想定されている。その中でも、重要視されるのが「ICTに対する知識不足」である。

教員をはじめとし、現在ICTやITリテラシーに関して学べる環境は不足しているといえる。

知識の不足は、実際に端末を利用する際の問題解決能力の不足、指導教員不足、保護者の不安などに繋がる。

これらのリスクを軽減させるため、株式会社建設システムが持つエンジニアとしてのノウハウと、教育工学や授業デザインを専門とする静岡大学の塩田准教授の知見を活かし「未来のエンジニアを育成し、GIGAスクール構想をサポート」するために共同研究を開始した。

「SE検定 エンサップ」の効果

生徒をエンジニアとして育成することで、自ら問題解決し、情報活用能力を高めることができる。

そうすることで、先生の負担を軽減させるほか、保護者も安心して子供に端末を持たせることができるようになる。

「SE検定 エンサップ」コンセプト

Engineer + Support・Supplementより、En-Supp(エンサップ)という名称がつけられた。

また、SE検定のSEはシステムエンジニアではなく、スクールエンジニアを指す。

『学校専属のエンジニアを育成し、GIGAスクール構想をサポートし、教育現場を支え、教員の仕事を補う』という想いが込められている。

運営スケジュール

2020年11月6日(金)より共同研究がスタート。今年度中に、静岡県内の小学校にてテスト運用を行う。

2021年4月には、静岡県内を対象に実運用を予定している。