チエル、大学向けオンライン授業支援システム「CaLabo® Online」を発売開始

学校教育向けのICT利活用を支援する、チエル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:川居睦)は、2020年12月に、大学のオンライン授業を支援するオンライン授業支援システム 「 CaLabo® Online (キャラボ ® オンライン)」を発売することを発表した。

※画面は開発中につき、イメージが一部変更となる可能性あり。

「 CaLabo® Online」概要

開発の背景

コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、多くの大学で、オンライン形式での講義が行われている。

オンライン形式での講義では、主に企業が活用を進めるWeb会議ツールを活用し実施が行われているが、学生の出席状況や講義の参加状況をより細かく管理したい、課題提出状況もあわせて管理したいといった声が寄せられていた。

チエルでは、このような声を受け、オンライン授業支援システムを新たに発売することになった。

製品の特長

この製品は、これまで多くの大学、多くの先生が活用している「CaLabo® EX (キャラボ® イーエックス)」や 「CaLabo® MX (キャラボ® エムエックス)」で培ったノウハウをもとにし開発された。

①学生の出席情報を把握可能な他、②アンケートや小テスト、教材配布で学生参加型の授業を実現。

また、来年に予定しているアップデートで③Microsoft Teamsとの連携を予定しており、更に活用の幅が広がる。

①学生の出席状況を把握可能

学生は授業中のクラスに参加することで簡単に授業に参加することが出来る。

講義の出席受付時間を指定しておくことで、遅れてログインした学生を遅刻として記録することができる。先生は学習履歴から学生の出席状況が把握可能。

②アンケートや小テスト、教材配布で学生参加型の授業を実現

講義にログインした学生に対して、アンケートや小テスト、教材配布ができる。

これにより学生参加型の授業が実現出来る。特に、小テストは理解度の把握に効果的。

③Microsoft Teamsと連携(2021年2月実装予定)

Microsoft Teamsと連携することで、以下の機能を実装予定。

  • クラスを新規作成した際、Microsoft Teams上の“チーム”も新規作成され、クラス履修者情報も同期される
  • 授業開始時、Microsoft Teams上の“チャネル”に本日の授業用のチャネルが新規作成される
  • 授業開始後、オンライン授業をMicrosoft Teams上でシームレスに実施可能