OKIが鳥取県の養護学校で遠隔職場実習を実施、障害のため通勤が困難な生徒が「テレワーク」を体験

OKIグループの特例子会社であるOKIワークウェル(社長:堀口 明子、本社:東京都港区、以下 OWW)は、10月28日から30日の3日間、鳥取県立皆生養護学校(校長:岩田 光冬、所在地:鳥取県米子市)において、高等部1年生1名を対象に「テレワーク」を体験する遠隔職場実習を実施したことを発表した。

OWWは、国連が定めたSDGsの目標4「質の高い教育をみんなに」の実現に向け、全国各地の養護学校(肢体不自由)に遠隔職場実習の場を提供している。

2004年からの継続的な取り組みにより、遠隔職場実習の参加者は延べ190名を超えている。

実習の講師を務めたのは、自身も重度障害があり、通勤が困難で在宅勤務をしているOWW社員。

自らの体験・経験を活かし、在宅勤務をする上で最も重要なコミュニケーションの取り方や、ビジネススキル、文書作成技術、デザイン技術などのITスキルについて、北海道の自宅からネットワーク経由で、実習を交えながら指導を行った。

参加した生徒は、企業に出向くことなく学校にいながら講師とコミュニケーションをとり、テレワークで働く体験をした。

遠隔職場実習に参加した生徒からは「リモートでの働き方やパソコンを使ったデザインの仕事について知ることができました。顔が見えないので声のトーンを変えたり、具体的に伝えたりすることが大切だと感じました。今後は自分の思ったことを的確に伝えることや、話し始める前にワンクッションを置くなど、教わったことを心がけたいです。」との感想が寄せられている。

OWWでは、全国20都道府県に55名の通勤困難な重度障害者が在宅勤務している。

障害者の在宅雇用の経験を学校教育に活かす取り組みとして、このほかに特別支援学校(肢体不自由)の児童生徒・保護者を対象とした出前授業も実施している。

今後も、子どもたちの勤労観・職業観を育成するキャリア教育への支援活動を続けていく。